「さようなら、哲学の木」相次ぐマナー違反に観光スポットが消える【北海道美瑛】

2016年2月24日、北海道の美瑛町にある一本のポプラの木、通称「哲学の木」が倒されました。

開けた畑の真ん中に一本だけ立ち、地面の傾斜とは反対方向に傾いて生えていたポプラの木。その姿が哲学的ということで哲学の木と名付けられ、観光ガイドにも乗り、多くの人が訪れる観光名所となっていました。

19458_01

しかし、哲学の木周辺は農作物を育てている畑。立ち入り禁止の標識があるにも関わらず、畑に侵入して撮影する観光客が後を絶たない状況が続きました。さらには、停めてあるトラクターに乗り込むなど、マナー違反が相次いでいたそうです。

農家の方にとって大切な畑を荒らされることは、何よりも耐えがたいこと。苦悩の末、哲学の木にペンキで×印を描くなど対策をしていましたが、マナー違反はなくなりませんでした。

そして、24日。悲しいことに哲学の木は倒されてしまったのです。

その様子を地主さんの相談などを受け、最後の日に立ち会った、カメラマンの中西敏貴さんはこのように語っています。

ご存知のようにかなり大きな木で、この木が農作物のある時期に倒れたりすると大変な被害になることは明白です。そんなこともあり、地主さんは昨年から決断していました。

もちろん、その決断を後押しした理由に「観光客やカメラマンのマナーの悪さ」があることは事実です。農作業中の姿を撮る、畑に入る、雪の中で遊ぶ。そのどの行為も彼らは望んでいませんでした。あの木が今日まで生きてこれたのは、「それでも美瑛まで来てくれるんだから、楽しみを奪っちゃかわいそうだな」という農家の方のご好意があったからです。

しかし、近年はその我慢の限界を超えていました。そこで彼らは昨年から撮影禁止という決断をしたのです。それでも畑への侵入は後を絶たない。彼らにとって、木は農作業の邪魔な存在となってしまったのです。

そして、今日、重機によって倒されました。弱っていたため、少しの力で倒れてしまいました。あまりにあっけなく、一瞬の出来事でした。

Pieces of time ーより引用

中西さんのブログでは、全文読むことができますので、こちらもご覧ください。

事の顛末を見守った、地主さんや中西さん。大好きだった木が倒されたことは、どんなに悲しかったことか…心情を思うと胸が締め付けられるようです。

19458_02

願わくばもう一度見たかった…

哲学の木が倒されたことで、ネットではマナーに対する怒りと見ることができなくなる悲しさで溢れていました。

人として当たり前のマナーを守って撮影していれば、こんなにも美しい景色をなくすことはなかったのに…。そう思と残念な気持ちでいっぱいになります。

現在、観光スポットでのマナー違反は、美瑛だけに限りません。

今回の出来事が、美しい景色を誇る観光スポットのマナー向上につながってほしい、悲しい出来事を糧に、観光客のマナーが改善されることを願ってやみません。

出典
Pieces of time@anzutann@tmatsui5@BitchyBabySammy@usuzan_R3

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop