対価をきちんと払って! 「タダで」といわれたケーキ店の対応に、称賛が殺到

※写真はイメージ

TwitterやInstagramなど、SNSの利用者が増えたことで、いろいろな人と気軽に連絡がとれるようになりました。

しかし、SNS経由で、こんな『困った依頼』が来ることもあるようです。

ぜひとも、無料で作ってよ!

イギリスのリヴァプールで、『Laura's Little Bakery』という店を営むローラさん。彼女は、ケーキやカップケーキ などを作って販売しています。

オーダーメイドのリクエストも受け付けており、サッカープレミアリーグの強豪『リヴァプールFC』など有名な団体から、イベント用のケーキを依頼されることも。

そんなローラさんのもとに、「SNSで宣伝するので、タダでケーキを作ってください」という依頼が来たのです。

「冗談でなく、こういうメッセージがたくさん届くの。『リバプールのケーキ店』でGoogle検索して、上位に表示されると付いてくるデメリットね」

@LaurasBakery ーより引用(和訳)

どのようなやりとりがあったたのでしょうか。

マネージャーからの連絡

ローラさんに依頼してきたのは、イギリスで放送されたリアリティ番組『Love Island』に出演していた、マリン・アンダーソンさんのマネージャー。

マネージャーは、このような文面で依頼して来ました。

マネージャー:

初めまして。

『Love Island』のマリン・アンダーソンさんが、今週末に恋人の誕生日ケーキを作ってほしいそうなのですが、可能でしょうか?

上に『26』と書いたチョコレートケーキで、できるだけ大きいものを希望しています。

報酬のかわりに、彼女はケーキの写真を何枚か、店名をタグ付けで、ソーシャルメディアにアップする予定です。

InstagramとTwitter、合わせて63万人のフォロワーがいるため、すばらしい宣伝になるかと思われます。

お手伝いいただけますでしょうか?

始めから、「無料で作ってくれないか」という依頼でした。

これに対し、ローラさんは次のように答えます。

ローラ:

こんにちは。ケーキはできますが、ほかの人たちと同じように、お支払いいただけますでしょうか。

いままでオーダーを受けました、多くの有名なお客様にも、ケーキの代金をお支払いいただいております。

ソーシャルメディアのタグ付けは、ケーキを喜んでくださった時の、ちょっとしたボーナスだと考えております。

お金を払って買ったあと、商品をSNSに写真をアップする人はたくさんいます。

「感想をいいたい」「みんなに商品を知ってほしい」「共感が欲しい」など、理由はさまざま。

客の反応は嬉しいものですが、ローラさんは、それは「ちょっとしたボーナス」で、料金の支払いとは別物と考えていました。

ローラさんの返信に対して、マネージャーは以下のコメントを送ります。

マネージャー:

お返事、ありがとうございます。

お話は分かりました。

多くの人が、ソーシャルメディアでの宣伝を、とても喜んでくださるのですが…。この種のプロモーションは、1ポストで£500かかるのですよ。

ほかの人を見つけたので、御心配には及びません。

ありがとうございました。

このほかにも、過去に届いた無料奉仕のお願いをローラさんはアップしています。内容は、「TV番組のチケットをあげるからタダで作って」というもの。

チケットをもらっても、ケーキの材料費にはなりません。このような依頼は、『いいお客様』だといえるのでしょうか。

買えるのに、なぜタダにしようとするの?

あの手この手でケーキを無料で作らせようとする企業に、ローラさんは『NO』をつきつけます。

私の時間や能力が過小評価され、毎週、『露出』を対価として、さまざまなイベントの無料ケーキを求められます。

それは、十分『闘い』と呼ぶことができるでしょう。

大きな会社は、小さな独立店に『寄付』を求めないで、ケーキを買うことができるはずです。

私は、この種のことに屈するつもりはありません。

laurasbakery78 ーより引用(和訳)

I'm not kidding when I say these go out most days! I LOVE doing them, so so pretty 🌸🌺❤️🦄 #liverpoolcake #unicorn #unicorncake

Lauras Little Bakeryさん(@laurasbakery78)がシェアした投稿 -

ローラさんは、ほかのケーキ店にも、無料を受け入れさせようとする企業側に加担することのないよう、呼びかけています。

彼女の対応に、多くの反響がありました。

  • この姿勢に賛成! ソーシャルメディアへの露出は、実際に楽しんだ人のほうが、はるかに多くのことを伝えるでしょう。
  • 私はカップケーキのマーケティング部で働いていたの。あなたの痛み、分かるわ。
  • 業界は違いますが、同じことに悩まされているよ。
  • 中小のお店のために、立ち上がってくれてありがとう!
  • このツイートが、無料のケーキ提供より、はるかに多くの『露出』になってるよ!

舞い込んでくる話は「チャンスなのか」「違うのか」の判断が難しいものです。

そんな中で、ローラさんの「無料で提供する必要はない」という姿勢は、多くの人の同意を得ました。

彼女はこれからも、自身の商品を正当に評価してくれる人のもとへ届くよう、商品を作り続けることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@LaurasBakerylaurasbakery78

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop