grape [グレイプ]

ダイソーのライトは置くだけでかわいい! オールシーズン活躍の予感がするライトとは

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ライトは明るく周りを照らすだけでなく、部屋の模様替えなどにも活躍するアイテムです。

ガラス製のライトは高級なものが多く、なかなか手を出しにくいかもしれませんが、100円均一の商品なら失敗もしにくいでしょう。

ダイソーで販売されている、おしゃれでかわいいライトを3種類ご紹介します!

※この情報は、2021年8月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

コロンとした丸みがかわいい ダイソー『インテリア電球 USB電源 5LED イエロー 』

インテリアにアクセントを加えたい人に、おすすめのライトをダイソーで発見しました。

コロンとまん丸な豆電球のような形をしていますが、電源を入れると幻想的に光ってとてもおしゃれ。

電球の中には、5つの小型LEDライトが散らばっています。電源供給はUSBで行えて、パソコンやモバイルバッテリーなど、USBポートがある電子機器に差し込んで使用するライトです。

モバイルバッテリーに接続すると、光量が思ったよりあってまぶしく感じました。本体はペットボトルと同じ素材でできていてとても軽く、モバイルバッテリーさえあれば、設置する場所を気軽に変えられそうです。

また、ライトのパッケージに載っている写真では上から吊るして使用されているものの、本体のコードの長さは約30cmほどしかありません。用途によっては、別売の延長コードを使用するのがおすすめです。

レトロな雰囲気も感じられるライトで部屋の印象を変えたい人は、手に取ってみてください。

炎の揺らぎがリアル! ダイソー『LED キャンドル ランタン』

電池やUSBから電源を供給するライトは、光量をスイッチなどで調節できても、自動で変化するものはあまりありません。

例えば、本物のロウソクを照明として使用した際に、風が吹いたら炎が揺らいで明かりが小さくなりますよね。

ダイソーでは、そんな『炎の揺らめき』をリアルに感じられるライトが販売されていました。

ランタン型のLEDライトです。カラーはアイボリーとライトブルーがあり、好みで選べます。プラスチック素材でできていて、作りは改善の余地ありといったところですが、使うと驚きますよ。

温かみを感じるオレンジ色のライトが、数秒ごとに光量を変えて炎の揺らぎを表現しています。写真では伝わりにくいかもしれませんが、結構リアルです。懐中電灯として使用すると頼りになりそう…。

筆者的には、インテリアとしてはもちろん、キャンプや肝試しなどのアイテムに使用すると雰囲気が出るのでは、と思いました。

ライトは持ち運びやすい『取っ手』が付いていて、フタの部分にスライドしてはめるだけ。

また、あらかじめテスト用のコイン型電池が入っているので、しばらくはそのまま使用できます。

1つ100円と安いので、イベントなどで活躍しそうなタイミングなどあれば、ぜひ使用してみてください。

値段を気にせず買っちゃうかわいさ ダイソー『コットンボールライト(6cm、6個)』

ライトの種類によっては、オブジェとして置いておくだけでも気分が明るくなるものもあります。

ダイソーのライトが販売されている売り場で、「これがライトなの…」と見惚れるほどかわいいグッズを発見しました。

ホワイト、ピンク、ブルーの3色のコットンで覆われたボール型のライト。光っていなくても、とてもかわいいです!

前述でご紹介したライト2種類は100円でしたが、こちらは200円です。しかし、クオリティを考えたら損はしないと思います。

ライトの電源は、スイッチ式で単3電池が2本必要です。

オブジェとしてそのまま飾ってもかわいらしく、ライトを点けると温かさが増して印象がガラッと変わりました。

ボールのサイズは1個あたり約6cmで、6個連なっています。全長114cmほどあるそうなので、クリスマスツリーのオーナメントとして飾りつけるのもいいかもしれません。

自宅の雰囲気をがらっと変えたい人は、インテリアにライトを選んでみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top