grape [グレイプ] society

「最高」「声を出して笑った」 新庄剛志、期待を裏切らない就任会見

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

北海道日本ハムファイターズの監督に、新庄剛志さんが就任するというニュースが日本中を駆け巡った、2021年10月29日。

現役時代、グラウンド内外で見せるパフォーマンスから『トリックスター』の異名でも呼ばれた新庄さんの監督就任に、期待と歓喜の声が上がりました。

同年11月4日には、監督就任の会見が開かれ、早速『新庄節』がさく裂。終始、笑いの絶えない就任会見となりました。

新庄剛志、監督就任会見で『新庄劇場』展開

会見冒頭、あいさつの言葉を求められた新庄さんは、自身が整形をしていることから「これからは、顔を変えずにチームを変えていきたいなと思います」と宣言。

さらに『新庄節』は勢いを増していきます。

「監督と呼ばないでください」と報道陣に呼びかけた新庄さんが提示した呼び名は『ビッグボス』

選手からも「監督」とは呼ばれたくないといい、なぜ『ビッグボス』かに関しては、インドネシアのバリ島に滞在していた時に、そう呼ばれていたからだといいます。

一方で、まじめな発言も。

チームの構想について「優勝なんか、一切目指しません」と力強く、しかし監督としてはあるまじき発言をした新庄さんですが、その理由をこう続けます。

高い目標を持ちすぎると、選手っていうものは、うまくいかないと僕は思ってるんですよ。

地味な練習を積み重ねてシーズンを迎えて、それで何気ない試合、何気ない1日を過ごして勝ちました、勝った勝った勝った勝った勝った…。

それで9月あたりに、優勝争いをしたら「さぁ!優勝を目指そう」。そこの、気合いの入り方っていうものが違うと思うんで。

そういうチームにしていきたいなと。優勝なんかは、目指しません。

『優勝』という高い目標は、日々の練習の積み重ねがあってこそ。

それを、新庄さん自身が一番理解しているからこその発言だったのではないでしょうか。

選手として一時代を築いた新庄さんがいうからこそ、言葉に重みを感じます。

新庄節に、ネット上が沸いた

現役時代さながらの『新庄劇場』で魅せた新庄さん。新庄さんの数々の『新庄節』は、早速ネット上で話題を呼び、絶賛の声も目立ちます。

・「顔は変えずに」に、声を出して笑っちゃった。最高!

・カリスマ性、やばいな。

・まず服装からして、規格外。どこぞのハリウッドスターかよ。

会見中、監督の存在について問われた新庄さんは「これからは、僕が監督像というものを変えていきます」とも語っていました。

その言葉に、監督としての実力、チームの勝利はもちろん、新庄さんが巻き起こす『新しい風』を期待した人は少なくないでしょう。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top