grape [グレイプ]

グラウンドキーパーの女性の退職日 日ハム選手たちの『お返し』が素敵…!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2018年3月31日、北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の本拠地である札幌ドームで行われた引退式に、感動が広がっています。

引退式の主役は、チームの選手や監督、コーチではなく、グラウンド整備を行うグラウンドキーパーの工藤悦子さん。

工藤さんは、日ハムが本拠地を札幌ドームに移転する前からグラウンド整備に携わってきた、熟練のグラウンドキーパーです。

2018年で退職することが決まった工藤さんのため、日ハム側がサプライズを用意していました。

5回裏が終了し、グラウンド整備に向かう工藤さん。すると、ドームのスクリーンに矢野謙次外野手と田中賢介内野手からのビデオメッセージが流れ始めます。

「工藤さんに会うことは、楽しみの1つでもありました」

「俺たちを支えてくれて、本当にありがとうございました」

2人の感謝のメッセージからは、これまでいかに工藤さんが、チームや選手のために尽くしてきたかが分かります。

選手たちが全力で試合に挑めるのは、グラウンドキーパーをはじめ、試合を影ながら支えてくれる人たちがいるからこそ。笑顔でグラウンドを去る工藤さんは、どこか誇らしげです。

選手だけでなく、見えないところで頑張ってくれている人も含めての日ハム。チームの絆が感じられるサプライズです。

工藤さん、本当にお疲れ様でした!


[文・構成/grape編集部]

出典
20180331 グランドキーパー工藤悦子さんへのサプライズセレモニー@札幌

Share Tweet LINE コメント

page
top