grape [グレイプ] entertainment

私たちの深い意識から発せられる夢 腑に落ちるメッセージが見えてくる

By - 吉元 由美  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

地震の夢が教えてくれたこと

世界各地で地震が起きている夢を見ました。初夢ではありませんでしたがまだ松の内。初夢と同じくらい、一年の指針となるメッセージがこめられている夢だと捉えました。

一富士二鷹三茄子。日本人は昔から初夢を神仏のお告げとして大切にしてきました。そういう意味で日本人と初夢は親和性が高いのです。

私たちの深い意識から発せられる夢は、現状を伝えているもの、健康に関すること、その内容から問題の解決方法が導き出されます。

奇妙キテレツな夢のストーリーに戸惑いますが、絡んだ糸を吟味しながら解くように解釈していくと、腑に落ちるメッセージが見えてくるものです。

さて、松の内に見た地震の夢。実際、世界各地で地震が起きていることからとても気になります。夢のストーリーはこうです。

ヨーロッパ、アメリカ、南アメリカの各地で地震が頻発していると、誰かが話している。その話を聞いて私はほっとして、「環太平洋ではないね」と言っている。

ここでポイントとなるのはもちろん『地震』、そして私が「環太平洋ではないね」と言ったところです。『地震』が私の現状の何を指しているか、ということが問題です。

地震とは地殻変動が起こすものです。では、私の身体の中で地殻変動が起きているのだろうか。今のところ体調は悪くありません。

では次に、私の心の在り方、行動、現状に関係しているのではないか。ここに考えが至ったとき、この夢が伝えようとしていることが手にとるようにわかりました。

この2年、仕事について積極的になれない感がありました。コロナ禍のせいにしてはいけないのですが、意欲的になれない自分がいました。

ゆるゆるとしすぎていることをわかっていても、動きたくない理由を見つけていたような。夢はそんな私に、地殻変動を起こせ!動け!と言っています。

「環太平洋ではないね」というのは、他人事のようにまだ覚悟のできていない今の私を示しています。ほっとしている場合じゃないでしょ! 夢はそうして私に警告しているというわけです。

夢は意識の深い領域から発せられるもの。それを顕在意識でしっかりと受け止めて行動すると、自分自身の在り方が進化していくのです。

怖い夢、ハラハラする夢、夢に感情が揺さぶられますが、夢のストーリーと現状を重ね合わせてみると、腑に落ちる何かがあるのです。なぜなら、夢は夢主だけのものですから。

さて、今年は地殻変動を起こさねば。何から始めようか、新年のto doリスト作りから始めます。

※記事中の写真はすべてイメージ


[文・構成/吉元由美]

吉元由美

作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二、加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
吉元由美オフィシャルサイト
吉元由美Facebookページ
単行本「大人の結婚」

Share Tweet LINE コメント

page
top