grape [グレイプ] trend

妊娠中の野良犬を保護したら 生まれた子犬の数にびっくり 「よく頑張ったね」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:rileyhasfosters

アメリカのカリフォルニア州で、保護犬の一時的な世話を引き受けているライリーさん。

ある日、彼女は友人から「1匹の犬を世話してほしい」と頼まれ、快諾します。

その犬は、メキシコの汚い路上で車の下にいるところを、親切な人に保護された1匹のメスでした。

犬は妊娠していて、すでにお腹はかなり大きく、いつ出産してもおかしくない状態。

リスタと名付けられた犬は、急いでアメリカに住むライリーさんの家に連れて来られます。

ライリーさんに対して、人懐っこいリスタはすぐにしっぽを振ってきました。

それはまるで、「安心して出産できる環境を与えてくれてありがとう」といっているようでした。

小さな体の母犬から生まれた子犬はなんと…!

ライリーさんは、いつ子犬が生まれてもいいように準備をしていましたが、リスタにはなかなか出産の兆候が見られません。

しかし、ついにその瞬間はやってきます。リスタの出産が始まったのです。

リスタを診察した獣医師によると、「おそらく7~9匹の子犬が生まれるだろう」とのこと。

ところが実際には、なんと11匹の子犬が誕生したのです!

喜ばしいことに、リスタも子犬たちも全員が健康でした。

ライリーさんは、頑張ったリスタを『最高のママ』と呼び、褒め称えました。

子犬たちはすくすくと育ち、あっという間に里親を募集できるまでに成長。

そして子犬たち全員が、それぞれの家族に引き取られていきました。

@rileysfosters Rista’s puppies went home to their amazing forever families today 🥰 @sterlingdozen @amelie_hubert #adopted #rescue ♬ Send Me on My Way - Vibe Street

ライリーさんがTikTokに投稿したリスタのストーリーは反響を呼び、たくさんのコメントが寄せられています。

・11匹!ママ、よく頑張ったね。

・リスタは真のMVPだ!

・幸せすぎて泣ける。この美しい親子を助けてくれてありがとう。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

子犬たちが引き取られた後、リスタも無事に里親が決まり、新しい家族と暮らしています。

野良犬だったリスタが、もしあのまま路上で出産していたら、11匹もの子犬たちは健康に成長できたかどうか分かりません。

ライリーさんを見つめるリスタの笑顔は、彼女に対する感謝があふれているように見えますね。

リスタと子犬たちはこれからも、それぞれの家族とともに幸せに生きていくことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
rileyhasfostersrileysfosters

Share Tweet LINE コメント

page
top