grape [グレイプ] entertainment

時代の変革期 風のように軽やかにしなやかに生きるためには

By - 吉元 由美  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

風の時代〜一人一人が時代の担い手に

風の時代。200年に一度起きる木星と土星の大接近『グレートコンジャンクション』が、これまでの土の星座から風の星座に移行しました。

それが2021年、12月21日頃からと言われています。土の星座(牡羊座、乙女座、山羊座)は、目に見えるもの、形あるものを重んじ、物質的なことに価値を見出す時代と言われます。

忍耐と根性を発揮して、物質的な豊かさを目指した時代です。

そしてこれから始まる風の時代は、形のないもの、情報や伝達、教育など、知ること、覚醒していく時代。

自分の好きなこと、想像力、コミュニケーション。心や感性、自由さが大切になってくる時代です。

物質的な価値を求める苦しさに疲れた多くの人たちは、風の時代の到来を待ち望んでいたでしょう。わくわくと共に、なんとなく、重い荷物を下ろしたような気がしたのではないでしょうか。

この『宇宙的な大変化』のいま、世界は混乱の真っ只中にあります。コロナ禍、そして戦争。他にも人類はあまりにも多くの問題を抱えながら、これらがどのように解決していくのか、まったくわからない状態です。

まさに時代の変革期。でも、いったい何を目標にしているのか。それぞれの国、立場の人間たちの思惑が交錯し、多くの情報によって何が『事実』で、何が『真実』なのかわかりません。

私も、何を信じていいのか、何も信じられないのか、わかりません。時代が変わっていくには、大きな痛みを伴うのかもしれない。

こんな動乱期に生きていることに、自分の問題として大きな意味があるのではないかと考えるようになりました。

風のように軽やかにしなやかに生きる。そうできるようになるには、自分の中に沈み込んでいるわだかまりや執着を手放していくこと。まずは自分自身が軽くなること。

これがなかなか難しいのですが、先の見えない不安定な情勢の中、ある意味、腹を括ることではないかと思うのです。

この時代を選んで生まれてきた。この時代の変革を体験するために選んできた。だからとことん味わい尽くす。

本気でそう思えると、世界情勢の先は見えなくても、自分のこれからが見えてくるのではないでしょうか。いいことも、つらいことも、最善を尽くし、味わい尽くす。

中途半端でいることが、ストレスとなるのだと最近思うようになりました。

風の時代。風は外から吹いてくるのではなく、自分の中に吹かせていく。自分から風を吹かせる。

それこそ、形のない、想像力や伝えていく力を発揮していくことではないでしょうか。

まずは、大好きなことを楽しむ!趣味でも仕事でも、自分の中に風を吹かせる。そういう意味で、一人ひとりが持てる才能を発揮しながら担い手となっていく時代の到来なのです。

※記事中の写真はすべてイメージ


[文・構成/吉元由美]

吉元由美

作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二、加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
吉元由美オフィシャルサイト
吉元由美Facebookページ
単行本「大人の結婚」

Share Tweet LINE コメント

page
top