grape [グレイプ]

ディカプリオ、悲願のアカデミー賞受賞!「マッドマックス」は6部門で最多受賞

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年2月29日(日本時間)、第88回アカデミー賞授賞式がハリウッドで行われました。

今年も日本から米林宏昌監督の「思い出のマーニー」がノミネートされるなど注目を集めましたが、果たしてその結果は?特に話題になった賞からご紹介します!

ついに悲願達成!主演男優賞にレオナルド・ディカプリオ

これまで何度もノミネートされながら、なかなか受賞することができなかったディカプリオ。ついに念願のオスカー像を手に入れました!

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は最多6部門を受賞!

荒廃した近未来を舞台にした「マッドマックス」シリーズ、30年ぶりとなった第4作。その世界観に日本でも大ヒットとなった作品ですが、メイクアップ&ヘアスタイリング賞や音響編集賞など、最多の6部門を受賞しました。

日本でも「マッドマックス」がトレンドに入るなど、大注目されていました。

長編アニメーション部門は「インサイド・ヘッド」が受賞

米林宏昌監督の「思い出のマーニー」がノミネートされ、今年こそ?!と期待も高まりましたが、ピクサーとディズニーの最強タッグから生まれた「インサイド・ヘッド」に軍配が上がりました。

昨年は「ベイマックス」、一昨年は「アナと雪の女王」、さらにその前は「メリダとおそろしの森」と4年連続でディズニー作品が受賞しています。

各部門の受賞者・受賞作品は以下のとおりです。

作品賞「スポットライト 世紀のスクープ」

主演男優賞:レオナルド・ディカプリオ(「レヴェナント 蘇えりし者」)

主演女優賞:ブリー・ラーソン(「ルーム」)

監督賞:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「レヴェナント 蘇えりし者」)

助演男優賞:マーク・ライランス(「ブリッジ・オブ・スパイ」)

助演女優賞:アリシア・ビカンダー(「リリーのすべて」)

脚本賞:ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー(「スポットライト 世紀のスクープ」)

脚色賞:チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ(「マネー・ショート 華麗なる大逆転」)

視覚効果賞「Ex Machina」

美術賞「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

撮影賞:エマニュエル・ルベツキ(「レヴェナント 蘇えりし者」)

衣装デザイン賞:ジェニー・ビーバン(「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)

長編ドキュメンタリー賞「AMY エイミー」

短編ドキュメンタリー賞「A Girl in the River: The Price of Forgiveness」

編集賞:マーガレット・シクセル(「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)

外国語映画賞「サウルの息子(ハンガリー)」

音響編集賞「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

録音賞「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

メイクアップ&ヘアスタイリング賞「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

作曲賞:エンニオ・モリコーネ(「ヘイトフル・エイト」)

主題歌賞:"WRITING'S ON THE WALL"(「007 スペクター」)

長編アニメーション賞「インサイド・ヘッド」

短編アニメーション賞「Historia De Un Oso(英題:Bear Story)」

短編実写映画賞「Stutterer」

ディカプリオ主演の「レヴェナント 蘇えりし者」が3部門、日本にもV8ブームを起こした「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が最多6部門と今回も盛り上がったアカデミー賞。

残念ながら日本人の監督作品は今回も受賞とはなりませんでした。来年こそは…。とりあえずは本年の受賞者に大きな拍手を!!

出典
@TheAcademy@warnerjp@oscarnoyukue

Share Tweet LINE コメント

page
top