grape [グレイプ] trend

患部を保護するため、小さな包帯を巻かれた犬 『大袈裟すぎる表情』がこちら

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

犬の写真

言葉で会話ができない犬は、体を使ったボディランゲージで、コミュニケーションを取ります。

尻尾や耳を動かしたり、ポーズを取ったりして、飼い主に感情を伝えようとするでしょう。

中には、表情を変えて気持ちを伝える、器用な犬も…。

包帯を巻かれた犬 その表情が?

シベリアンハスキーの風太くんと凪ちゃんとの日常を、SNSで発信している、飼い主(@FUTA200815)さん。

ある日、飼い主さんは、風太くんの脚に薬を塗ったそうです。風太くんが、塗った薬を舐めないように、上から包帯を巻いたのだとか。

大きなケガはしていない風太くんですが、その時のリアクションが、かなり大袈裟だったといいます。

X(Twitter)に投稿された、包帯を巻かれた時の、風太くんの表情をご覧ください。

犬の写真

口を開けて目をつぶり、まるで「この世の終わりだ」といいたげな表情をしていたのです!

包帯といいつつ、脚に巻かれていたのは、ニコちゃんマークがデザインされたかわいらしい黄色のテープ。

風太くんの、重症を負って痛がるようなオーバーリアクションと、かわいい包帯のギャップに、クスッとしてしまいますね。

この後、風太くんは、包帯を巻いた飼い主さんに、近寄ろうとしなかったのだとか。

【ネットの声】

・「もうダメだ!」っていってそうで、かわいい!

・まさに演技派ですね。

・絶望感がすごくて、思わず笑いました!

風太くんは、痛がる演技がうまくても、嘘をつくのは少しばかり苦手なようですね。

感情表現が豊かな風太くんに、飼い主さんも、きっと毎日癒されていることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@FUTA200815

Share Post LINE はてな コメント

page
top