grape [グレイプ]

寝る時にエアコンを切るのは間違い? 「そのうち過労死しますよ」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2016年8月3日に放送されたフジテレビ系情報バラエティ番組『ホンマでっか!? TV』でのこと。「間違いだらけの夏の習慣」をテーマに世間で間違った認識がされている夏の習慣について触れ、番組でお馴染みの評論家たちがそれぞれの専門分野からコメントしました。

  • 夏場に塩分を取らなくてもいい
  • うなぎは夏バテ防止に効果がない
  • 熱いお風呂は疲れるだけ
  • 日焼け肌の男性はモテ効果ない傾向にある

などなど、普段聞くこととは正反対の指摘が多かったのですが、その中でももっとも番組出演者や視聴者からの反響が大きかった内容がコチラ!

暑い日は、寝る時にエアコンを消すのは間違い!

どんなに暑くても寝る時だけはエアコンを消して寝るという人も多いのではないでしょうか?

MCの明石家さんまさんをはじめ、松坂桃李さん、磯野貴理子さんなど多くの出演者も寝る時はエアコンを消す派とのことでしたが、疲労評論家の梶本修身氏はそれに対して「夜絶対にエアコンを消しちゃいけない」と指摘しています。

その衝撃の事実を知らされた出演者たちからは驚きの声が上がり、さんまさんも「俺消して寝てるけど健康やで!」とアピールしていましたが、そんなさんまさんに梶本氏は「いやいや、それ間違い!そのうち過労死しますよ」と忠告。

なぜ、寝る時にエアコンを消してはいけないのでしょうか?

夏バテの原因は自律神経の酷使

梶本氏によれば、夏バテの原因は汗をかいたり、体温を調整する自律神経が酷使されて疲れが出ることから起こるそうです。

当然、暑い夜にエアコンを消してしまうと寝汗をかきますが、寝汗をかいて寝ているような状況というのはその間も自律神経は一生懸命体温を下げようと機能している状態とのこと。

そのため、暑い日にエアコンを消して寝るというのは寝ながら運動しているようなものだそうです。

確かに寝ながら運動していると考えると…とんでもないことですね(笑)

また、エアコンを消す派の人たちは寝るときにエアコンをつけっぱなしにしておくと体に悪いという考えを持っている人がほとんどだと思いますが、それも医学的根拠もないとのこと。

それを踏まえた上での正しい寝方

梶本氏によると、エアコンをガンガンにかけるかわりに布団をしっかり被って寝るのが理想的だそうです。

というのも心臓より上は涼しい方がいいようなのですが、心臓より下は温かいと副交感神経が刺激されて、リラックス効果があるんだとか!

ちなみにマツコ・デラックスさんはエアコンは一度も切らないとのことですが、それが大正解とのこと。

早速、寝る時にエアコンつけっぱなし派が急増中!

梶本氏は国から30億円の研究費をもらって疲労関係の研究を進める疲労関係の第一人者と紹介もあったため、その説得力・影響力も抜群!

視聴者にもエアコンつけっぱなし派に転向するという声が続出中です。

今日はガンガンつけてねよ

冷房つけて寝た方がいいってやってたし、つけて寝よ

また、エアコンをつけっぱなしの方が電気代も安いという説も出ていますから、節約面でも健康面でもいいのならばエアコンつけっぱなしは一石二鳥の効果があると言えますね。

さんまさんも「はよ言えよ!」とツッコんでいましたが、もっと早くこのことを知りたかったという人も多かったようですね。

出典
http://www.fujitv.co.jp/honma-dekka/@fujitv@BlewRivage@eightsuzu2@LElG0

Share Tweet LINE

page
top