grape [グレイプ] hobby

エヴァ製作会社『カラー』、初の展覧会を開催!原画やシン・ゴジラ雛型展示も

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ガイナックスの元取締役 庵野秀明氏が、2006年に設立した映像企画・製作会社株式会社カラー

実力派スタッフが数多く在籍しており、国民的アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新作映画である『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』や、実写映画『巨神兵東京に現わる』などの作品を生み出しています。

2016年に設立から10周年を迎えるカラーは、初の展覧会を開催することを発表しました。

エヴァやシン・ゴジラ…『カラー』初の展覧会が開催!

10周年を記念して、『株式会社カラー10周年記念展 ~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~』の開催が決定しました。

10th_visual_161014_2

展覧会のメインビジュアルは、代表作である『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』。タキシードやドレスで着飾ったシンジたちが描かれています。

このイラストは、『新劇場版:Q』の総作画監督である本田雄氏の描きおろしです!

展示内容は、なんと300点以上!

カラーの歩んできた10年間が詰まった、素敵な展示内容をご紹介します。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

注目の展示物は、初展示のものを含む『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの原画や設定資料

2007年公開の『:序』、2009年公開の『:破』、2012年公開の『:Q』から、初公開を含む合計約160点の原画や設定資料が展示されます。

25768_02

宣伝物などに使用された原画も初展示!エヴァファンは見逃せません。

2016年9月に期間限定で公開された宇多田ヒカルさんの『桜流し(ヱヴァ:Qバージョン)』ミュージックビデオの特別上映も…!

シン・ゴジラ

庵野秀明さんが脚本・総監督を務めた2016年公開の話題映画『シン・ゴジラ』。

第2形態・第3形態・第4形態の雛型が展示されます。3形態揃っての展示は初!

監督不行届

漫画家の安野モヨコさんが、夫・庵野秀明さんとの生活を描いたエッセイ漫画『監督不行届』。描き下ろしの番外編を、スタジオカラーがアニメーション化して上映します。

内容は、株式会社カラー創立からの10年のあゆみがつづられています。

他にも、見逃せない展示が続々!

アニメーションやミニチュアなどの修復。復元にも力をいれているカラー。文化的価値を広めるため、そういった作業に関係する貴重な資料も展示されます。

短編アニメーションシリーズ『日本アニメ(ーター)見本市』の原画・資料の展示も見逃せません!

庵野秀明さんコメント

25768_03

皆様やファンの御支援の御陰で、弊社も10年に渡り維持成長を続ける事が出来ました。
今日に至るまで、長い様であっという間の10年でした。弊社10年のヒストリーの詳細は今秋に都内にて開催予定の展覧会をご覧いただけると幸いです。

カラーの歴史はまだ10年です。まだまだ先は長く続くと思っています。
これからも、面白い作品を作り続け、アニメーションと社会に役立つ会社であり続けたいと思っておりますので、皆様、よろしくお願いいたします。
この機に社員一同、一層の日々精進をしていく所存です。

開催日時は2016年11月23日~11月30日の8日間。会場は、東京都渋谷区にあるラフォーレミュージアム原宿です。

エヴァファンだけではなく、特撮やアニメーション全般が好きな人も楽しめる内容だと思います。これは要チェックですよ!

『株式会社カラー10周年記念展 のエヴァと、のエヴァ。そしてのスタジオカラー。』

会場…ラフォーレミュージアム原宿(東京都渋谷区神宮前)
開催期間…2016年11月23日(祝・水)~11月30日(水)
時間…11時~21時(最終入場は20時)
料金…500円 (税込)
問い合わせ先…03-6712-7839(10月31日から開設)

出典
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの製作会社、株式会社カラーが創立10周年を記念して“初”の展覧会を開催!|株式会社カラーのプレスリリース

Share Tweet LINE コメント

page
top