grape [グレイプ]

一人暮らしの女性はゾッとした 夜に『アポなし訪問』が来たら気をつけて!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

進学や就職などをきっかけに、一人暮らしを始める人は多いのではないでしょうか。初めて家族から離れる人は、新生活への期待と不安で胸がいっぱいだと思います。

一人暮らしはまさに『自立』…助けてくれる家族は周囲にいません。そんな状況で、トラブル避けるにはどうすればいいのでしょうか。

『アポなし訪問』一人暮らしの人は注意して!

一人暮らしをしていた頃に怖い体験をした、女性の82waさん(@82wa_820)。ある日、夜の8時にインターホンが鳴りました。

「すみません、水道工事です」

しかし、大家さんから「水道工事がある」とは聞いていません。それも、こんな夜遅くに…。

不信感を抱いた女性は、インターホン越しにこう返しました。

女性「あの、所属先とお名前を伺ってもいいですか?」

すると、どうしたことか水道工事の人は「また来ます」と告げ、去って行ったそうです。

身分証明を求めた瞬間、突然帰って行った自称『水道工事の人』。女性は「あまりにも怪しすぎる…」と思いました。

その後女性は、急ぎ警察に連絡。このままでは、近所の人も被害を受けるかもしれないと思ったのです。

警察から告げられた、訪問者の正体

警察官「相手は何人でしたか?」

女性の自宅に来た警察官は、こう聞きました。なんと、警察によると先ほどの自称『水道工事の人』は、暴行目的の訪問である可能性が高いと言うのです。

インターホン越しで相手の人数がわからなかったため、複数人での訪問だと気づくことができなかった女性。警察官の言葉を聞いて、背筋が凍ったと言います。

アポなしの『夜間訪問』に、出てはいけない

82waさんが注意喚起を兼ねてこの出来事を投稿すると、同じような体験をした女性からのコメントが寄せられました。

水道工事の人に限らず、郵便局や大家、警察などを装って家に押し入ろうとするようです。

  • 警察を装った怪しい男に、インターホンを鳴らされた
  • 「隣に引っ越してきた者です」と言われてドアを開けたら、悪質な新聞の勧誘だった

もちろん、中には本当に仕事の訪問でインターホンを鳴らした人もいることでしょう。しかし、夜間の訪問はあまりにも怪しすぎますし、常識がないように感じます。

その場合は「すみませんが、今は忙しいので後日お願いします」と言ってみてはいかがでしょうか。本当に仕事の訪問ならば、後日明るい時間帯に来てくれるはずです。

また、見知らぬ訪問に対応する際は、チェーンをかけたままドアを開けることをお勧めします。悪質な業者は、一度ドアを開けるとなかなか引き下がりません。

こういったトラブルを防ぐため、エントランスにオートロックがある物件を選ぶのも手です。家賃は少々値が張りますが、得られる安心感は大きいと思います。

「用心深すぎじゃない?」と思うかもしれませんが、何かあってからでは遅いのです。自分の身を守るために、しっかりと自衛してくださいね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@82wa_820

Share Tweet LINE コメント

page
top