grape [グレイプ]

学生が作った『100種のアイスキャンディ』 真相を知って、胸がしめつけられる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

台湾に住む3人の学生が作った、100種類のアイスキャンディが世界中から注目されています。

こちらが、注目されているアイスキャンディです。しかし、中にはタバコや紙くず、ビニール袋などが入っているではありませんか。

お世辞にも「おいしそう」「食べたい」とは思えない、アイスキャンディ。

ですが、これらには学生たちの『想い』が込められているのです。

汚染された水で作られた、100種類のアイスキャンディ

これは、国立台湾芸術大学に通う学生が始めた『100%純汚水製氷所』というプロジェクト。

そう、ゴミがたくさん含まれたこれらのアイスキャンディは、人間の手によって汚染された水からできているのです。

カラフルな包み紙から出てきたのは、ゴミで濁ったアイスキャンディ。中でも、プラスチック類が大量に含まれています。

台湾にある100箇所の水源から採取された水を凍らせ、ポリエステル樹脂を使って固めたものを研磨することで『アイスキャンディ』が完成します。

私たちは、あなたたちに問います。

「これらの"美しいアイスキャンディ"を、あなたたちは食べたいと思いますか?」

企画を立ち上げたHung I-chenさん、Guo Yi-huiさん、Cheng Yu-tiさんは、こうつづります。

経済成長や都市化が進むにつれて、人間たちの手で汚染されていく水。その水の中では、たくさんの生き物が生活しています。

自然の恵みであり、ありとあらゆる生き物に必要な水が汚れていくのを、何もせず見ているだけでいいのでしょうか。

※写真はイメージ

もちろん、日本も例外ではありません。悲しいことに、川や海には、人間が捨てていった大量のゴミが浮かんでいるのが現状です。

「自分のゴミは自分で持ち帰る」という、当たり前のことができる人が増えるよう、私たちも真剣に取り組まなければなりませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
100%純污水製冰所

Share Tweet LINE コメント

page
top