「これは恥ずかしい」コンビニでアイスを買おうとレジに行くと、店員が『ひと言』

※写真はイメージ

宮城大樹(@dyki123)さんは、元プロのキックボクサー。フジテレビ系列で放送中の『TERRACE HOUSE』にも、キックボクシングの認知度向上のために出演していました。

現在は、タレントや俳優として活躍中。2017年9月15日に開演した舞台『THRee's』にも出演しています。

コンビニでアイスを買って渋谷へ

宮城さんは大事な舞台の初日のために、自宅を出発。ふと「コンビニでアイスを買おう」と思い立ちます。

※写真はイメージ

アイスをチョイスして、会計に向かうと、レジには外国人店員の姿がありました。

お金を払い、帰ろうとすると、外国人店員から突然、声をかけられます。

「スミマセン、オキャクサン!」

多少ぎこちなかったものの、十分に理解できる日本語。

この時、宮城さんはこう感じたといいます。

遂にオレの知名度も世界レベルになったかな!

タレントとして活躍する上で、知名度の向上は欠かせない要素。

笑顔で「はい」と答えると、外国人店員は予想しなかった『ひと言』を発したのです。

※写真はイメージ

「チャック、アイテマス…」

なんとチャックが開いていることを指摘されたのです。

しかも小さな声で…。

なんとも恥ずかしいエピソードですが、宮城さんは気を取り直して『ひと言』。

さ、初日頑張ろう!

確かに、切り替えは大切ですね!

ちなみに、舞台『THRee's』の幕は無事に上がったとのこと。

今後もアクシデントにめげず、さらに活躍の場を広げて行ってほしいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@dyki123

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop