「年齢や容姿は関係ない!!」 プールで痴漢にあった母親が伝えたい真実

痴漢にあった時、訴えず『なかったこと』にしてしまう被害者は多いといわれています。

「まさか、自分が痴漢にあうなんて」

驚きや恐怖心はもちろん、冤罪である可能性や「周囲にどう思われるか」という羞恥心により、声を上げることをためらってしまうのです。

夏休みに、子どもを連れてプールに行った花(@p_hana_p)さん。

たくさんの人でにぎわう施設内で子どもと遊んでいると、太ももからお尻にかけて撫でられたといいます。

自身の体験を元に「痴漢が狙うのは、抵抗できない女性だ」と訴える花さん。

加害者は『抵抗されたり訴えられたりするリスクを負わずに済む相手』を狙う可能性が高いといいます。

実際に花さんは、そばにいた我が子のことを考え、結局何もいわずに立ち去りました。また、彼女は羞恥心から「被害にあったことを家族にもいえない」というストレスを抱え込むことになりました。

子連れの女性を狙った悪質な痴漢の体験談に、多くのコメントが寄せられました。

  • 誰だって、気を許していない相手に体を触られるのは苦痛…許せません。
  • 痴漢された時って、頭が真っ白なまま、とにかく逃げることに夢中で、後からじわじわと恐怖が押し寄せてきますよね。
  • 私も子持ちで痴漢にあいました。されると思っていなかったため、いざ被害にあった時は驚きました。子持ちだとか関係ないんだと思いました。

容姿や年齢、性別、子どもの有無に関わらず、痴漢被害は誰にでも起こり得ること。

子どもを連れているなど「声を上げづらい状況を狙う加害者が存在する」という事実を、周囲が知り、理解することは大切です。

被害者側に何も非はありません。1件でも多くの痴漢被害をなくし、みんなが気持ちよく過ごせる社会を作っていくことが望まれます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@p_hana_p

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop