母に「小遣いくれ」と毎回頼まれるビートたけし その真意に、心が温まる

2017年10月6日に放送された、TBS系番組『ぴったんこカン・カン』に出演したビートたけしさん。

お母さんとの絆が分かるエピソードを語りました。

母が「お小遣いくれ」 そこには理由があった

番組では、ゲストのたけしさんが思い出の地を巡りました。

その中で、たけしさんは恩師、同級生と再会し、昔話に花を咲かせます。すると、次第にたけしさんのお母さんの話題に。

お母さんは、たけしさんと会う度に「小遣いをくれ」という人だったといいます。たけしさんはその言葉に従い、お小遣いを渡していました。

しかし、お母さんは小遣いが欲しかったから、こんなことをいっていたわけではなかったのです。

1994年、たけしさんは原動機付自転車を運転中、カーブを曲がり切れず、大きな事故を起こして重症を負いました。

※写真はイメージ

治療は長期に及び、後遺症で顔にマヒが残ってしまうほどの大ケガ。芸能界復帰を危ぶむ声もありました。

その時に、お母さんが「お小遣いをくれ」と、たけしさんにせがんでいた理由が明かされるのです。

俺が事故ってガーンってなって、顔がこんなになったら「そうなるって思った」っていって。

「ここに貯金通帳とお前のお金置いてあるから。もしかしたら、芸能界復帰できないだろうから、これで暮らしな」って。

ぴったんこカンカン ーより引用

たけしさんが無茶をし、いつか生活が立ち行かなくなる時がくるのでは…そう予想していたお母さん。たけしさんが、いつそんな状況になってもいいように、もらったお小遣いを貯金していたのです。

この言葉を受け、たけしさんは「絶対に復帰してやる」と決意し、お母さんにお金を返したといいます。

お母さんの行動に感動した人が、ネット上にコメントを投稿しています。

・この母にして、この子あり。偉大な人だったのですね。

・たけしさんは破天荒に見えるけど、お母さんを大切にする人。お母さんの性格を受け継いでいるのかも。

・涙があふれてきた。素晴らしいお母さんだな。

とても教育熱心で、いつもたけしさんのことを考えていたというお母さん。1999年にお母さんが亡くなった時、たけしさんは「感謝している。すごい親だよ」と語っています。

いまや『世界の北野』と呼ばれるたけしさんの活躍に、お母さんの存在は欠かせないものだったのでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
ぴったんこカンカン

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop