grape [グレイプ]

新潮社部長の中瀬氏が『座間9遺体事件』に持論「12年前の事件を思い出させる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

神奈川県座間市のアパートから、切断遺体が見つかった事件。死体遺棄の容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27歳)は、Twitterを利用し、自殺を希望する女性らと連絡を取り合っていたといわれています。

複数のTwitterアカウントを所持していたといわれる白石容疑者。事件現場となった自宅アパートに転居した2017年8月22日にアカウントを開設し、そこで知り合った9人を事件発覚までの2か月間に殺害したと見られます。

産経新聞によると、殺害時期について白石容疑者は次のように供述。

9人の殺害時期を「8月に1人、9月に4人、10月に4人」と供述しているという白石容疑者。

産経ニュース ーより引用

エスカレートしていく犯行に比例するかのように、Twitterへの投稿頻度も増えていきました。

中瀬ゆかり氏「あの事件を思い出す」

さまざまな番組が、この猟奇的な殺人事件を報道。

  • なぜ、白石容疑者はこんなヒドい事件を起こしたのか。
  • 常人には理解できない殺人事件。
  • 目をそむけたくなる事件。報道されている事実を直視できない。

ネット上にも、事件に対するさまざまなコメントが投稿されています。

そんな中、11月2日に放送された東京MXの情報番組『5時に夢中!』で、新潮社出版部部長の中瀬ゆかり氏が、事件について「2005年に起こった事件を思い出した」と語りました。

私、この事件の一報を最初に聞いた時に、徐々に思い出してきたのが、12年前にね、大阪で『自殺サイト殺人事件』っていうのがあって。

自殺サイトで「集団自殺しましょう、練炭で」っていって人をおびき寄せて、3人殺した事件があったんです。

5時に夢中! ーより引用

中瀬氏がいっているのは、2005年に大阪府で起こった殺人事件のこと。『自殺サイト殺人事件』と呼ばれ、世間に衝撃を与えました。

『自殺サイト殺人事件』

多重債務者やいじめを苦にした自殺志願者に、男性が自殺サイトを通じて「集団自殺しませんか」と近づき、中学生を含む3人を殺害した事件。大阪府河内長野市にある河川敷で遺体が発見されたことにより事件が発覚する。2007年7月に男性の死刑が確定。

「人が苦しむ姿」「白いスクールソックス」といった自らの異常な性欲を満たすための身勝手な犯行に、憤りを感じた人も多かった事件です。

中瀬氏は、この『自殺サイト殺人事件』と『座間9遺体事件』との類似点を挙げ、白石容疑者の身勝手な犯行を「ワケの分からない言い訳」と断じます。

(白石容疑者の)死にたいっていってんだから、殺してもいいじゃないか、みたいな理屈と自分の欲望と。普通の人をやるのと違って、あの人たちは自殺志願者なんだから、みたいな。

そういうワケの分からない、言い訳が彼の中にあると思うんですよ。

5時に夢中! ーより引用

そして、「とても気味が悪く、目をそむけたくなるけれど、見たくない暗部を照らさなければならない」と語りました。

確かに、報道を見ているだけでも気分が悪くなるような事件。

しかし、この中瀬氏のコメントに対し、ネット上には「その通りだ」というコメントも上がっています。

  • 『5時に夢中!』で親方(中瀬氏の愛称)がいってた「目をそむけちゃいけない」という言葉に、ドキッとしました。さすがだな、と。
  • 中瀬さんのいっていることは分かるけど、自分には無理。報道を見ているだけでもツラくなる。
  • ニュースを見ているだけでも、胸が苦しくなるような事件。でも、見ないということは「黙認した」ということになってしまうのかもしれませんね…。

11月3日時点では、まだ分からないことも多い『座間9遺体事件』。これから少しずつ白石容疑者が犯行に及んだ動機や背景、手口などが明らかにされていくはずです。

また、なぜこんなに多くの人が「自殺をしたい」と考えるのか…こういった社会そのものを問題視する声も上がり始めています。

産経新聞によると、ある捜査関係者は白石容疑者について、次のように語っているとのこと。

「取り調べには素直な様子で応じ、罪と向かい合おうという意思も感じる」。

だが、謝罪の言葉などはないという。

産経ニュース ーより引用

全容が解明され、同じような痛ましい事件が二度と起こらないことが望まれています。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top