grape [グレイプ] entertainment

榊原郁恵がうつみ宮土理から教わった夫婦円満の秘訣「これはレベルが高い」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

11月15日放送のニッポン放送『土屋礼央 レオなるど』に榊原郁恵さんが出演。夫・渡辺徹さんとの夫婦円満の秘訣について語ってくれました。

1987年に人気絶頂の中、結婚した2人。結婚披露宴の平均視聴率はなんと40.1%!国民の4割が2人の愛に注目していました。

そんな大人気の芸能人同士の夫婦ですから、街を歩けばすぐに気付かれてしまいます。

本人たちは芸能人としての顔とプライベートとの顔を使い分けていたつもりでしたが、周りには伝わらず、息子の裕太さんは両親が芸能人であることを気にしていた時期があったそうです。

出かけた時には2人から少し離れて歩く裕太さん。しかし、祖母は「ちょっと見てごらん。いますれ違ったあの人がね、お父さんのこと気が付いたよ!」と家族のお出かけを楽しんでいたそうです。

そんな榊原さんに、『家族のルール』についてたずねてみました。

榊原:
ルールっていうのはないかも。でも仲人をしてくれたのがうつみ宮土理さんと愛川欽也さんで。その時いわれたうつみさんの言葉は大切にしています。

うつみ宮土理さんの言葉

うちに帰って私疲れたって言葉、いわないようにしているの。
お互い疲れてるじゃない。
だから私が帰ってきたばかりだったとしても、向こうが「腹減ったー」ってなったら「ハーイ!」って答えてあげるの。

さらにリスナーから「徹さんはトンチンカンな行動が多そうなイメージがありますが、榊原さんのトークからはそこも愛している雰囲気を感じます。『こういうところがあるから好きでいられる』という点はありますか?」という質問に対して…、

榊原:
分かりやすいところですね!怒ってる時、(渡辺さんは)自分で理屈が通っていないことを分かりつつも「とにかく俺は怒ってるんだーー!」って怒るんです(笑)。でも後になってちゃんと気付いて「理屈通ってなかったね」って。

あと、ボケた時はかまってほしくて、小鼻ふくらましちゃってるんですよ(笑)。

2017年11月28日には結婚30周年を記念して、朗読イベント『いまさらふたりで』を開催する2人。

終始明るく元気な榊原さんのトークは、下の画像をクリックしてお聞きください!

※画像をクリックしても再生されない人はこちら。

※ 2017年11月23日 午前5時までお聴きいただけます。
※ ニッポン放送radikoは関東地方でのみ視聴可能です。そのほかの地域の人はエリアフリーをご契約いただくと視聴が可能です。

土屋礼央 レオなるど

毎週月~木曜日 午後1:00~4:00 AM1242 FM93 ニッポン放送にて放送! 午後の空いた時間にちょっと集まって無駄話ができる公園のような場所。それが…「土屋礼央 レオなるど」です。
土屋礼央 レオなるど 公式サイト

出典
榊原郁恵 結婚30年経っても夫・渡辺徹のここが好き

Share Tweet LINE コメント

page
top