grape [グレイプ]

凍って動けない小鳥に「もう手遅れよ」 しかし、犬は決して見捨てなかった

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

大雪が降った次の日、雪が積もった庭で愛犬を遊ばせていた飼い主さん。すると、愛犬が庭で何かを発見したことに気付きます。

近付いて確認すると、そこにいたのはピクリとも動かない1羽の小鳥。

もう手遅れだろう…。

そう思った飼い主さんは、愛犬に向かって「ダメよ」と声をかけて、部屋の中へ連れ戻そうとします。

しかし、愛犬はその場から動こうとしません。

結局、飼い主さんに抱かれて無理やり移動させられたものの、チラリと小鳥のほうを振り返り、気にしている様子を見せます。

その姿に、飼い主さんも何か感じるものがあったのでしょう。

愛犬を部屋へ連れ戻した後、飼い主さんは小鳥を保護し、ドライヤーで温めてみることにしたのです。

「何をすべきか分からない」「だけど、どうか生きていて」

動画の中で、そうもらす飼い主さん。「小鳥に生きていてもらいたい」という強い思いから、なんと約2時間もの間、ドライヤーで小鳥を温め続けたといいます。

その結果…!

まさに『奇跡』ともいえる出来事は、多くの人の胸を打ちました。

・素晴らしい!よく諦めなかったね!

・動物同士、まだ生きていることが分かったんだね。

・命の恩人を、あの小鳥も忘れないだろう。

あの時、犬が小鳥を発見していなかったら…あの時、飼い主さんが諦めてしまっていたら、小鳥は再び目を覚ますことはなかったでしょう。

小さな命を救った犬と飼い主さんの心優しい行動は、素晴らしいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Saving Philip - How to help a Frozen Bird (Jackie Evancho - Safe and Sound)

Share Tweet LINE コメント

page
top