漫才の生放送中に赤ちゃんが号泣! 芸人の『神対応』に称賛の声

関西を中心に活動している漫才コンビ『海原やすよ・ともこ』さん。

妹のやすよさんはツッコミ、姉のともこさんはボケを担当しており、実の姉妹ならではの息の合った漫才が特徴です。

そんな海原やすよ・ともこさんが生放送中にとった行動が、「素晴らしい!」と話題になっています。

漫才の生放送中に、客席から赤ちゃんの泣き声が!

2018年1月2日に生放送されたバラエティ番組『新春!オールよしもと初笑いスペシャル』(朝日放送系)のこと。

海原やすよ・ともこさんが自身のネタを披露している最中、突然客席から赤ちゃんの泣き声が上がりました。

すると、ともこさんは素早くネタを止め、客席に笑顔を向けてこういいました。

ともこ「大丈夫かなー?すんごい勢いがあった、いまー!あたしの声がデカいからかな?」

やすよ「これが生放送!」

ともこ「そうなんですよねー!『ウエーン!』っていってもしょうがないの!」

やすよ「そうですね!」

ともこ「(親に向かって)あっ、大丈夫ですよー!」

新春!オールよしもと初笑いスペシャル ーより引用

番組収録中に赤ちゃんが泣き出してしまい、親御さんは申し訳なくなったのでしょう。

客席から立ち去ろうとした親御さんに向かって、ともこさんは「座っていて大丈夫ですよ」というジェスチャーで優しく声をかけたと思われます。

親御さんを気遣っただけではなく、「これが生放送!」と客席や視聴者に呼びかけた2人の行動に、ネットでは多くの人から称賛の声が上がりました。

・赤ちゃんの泣き声もとっさにネタにして、フォローもできる芸人さんってすごい!

・やっぱりこの2人は腕があると思う。もっと関東でも活躍してほしい!

・海原やすよ・ともこさんを初めて知ったけど、好きになりました。

・温かいアドリブに癒されました…。

2児の母であるともこさんは、子育ての大変さや、突然赤ちゃんが泣き出してしまうことを自身の経験から知っていることでしょう。

だからこそ、素早く客席の親御さんをフォローできたのかもしれません。

『お笑い』とは多くの人を楽しませるもの。この日の海原やすよ・ともこさんの漫才は、いつも以上に多くの人を笑顔にしてくれたのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
新春!オールよしもと初笑いスペシャル

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop