センター受験生の苦情に、ムーミン公式が粋な対応! 「さらに好きになった」

※写真は2017年のセンター試験の様子

2018年1月13日に行われた、大学入試センター試験。ネット上には、試験を終えた受験生たちのコメントが続々と寄せられています。

そんな中、一部の受験生たちが『地理B』で出題された問題に、恨み節を炸裂させているといいます。

高校生には、浸透していない?

話題になっているのは、『地理B』で出題された、フィンランドに関するアニメと言語の正しい組み合わせを選択するという問題。

アニメの選択肢には『ムーミン』と『小さなバイキングビッケ』の2つがあり、ムーミンの舞台がフィンランドであることを知っていれば、比較的スムーズに解答を導き出せる内容でした。

※写真はイメージ

しかし、近年の高校生にとって、ムーミンの舞台がフィンランドである事実は、あまり浸透していないようです。

受験生たちから「すべての受験生が、ムーミンを知っていると思ったら大間違いだ」「あなた(ムーミン)のせいで、満点を逃しました」といった苦情が、ムーミンの公式Twitterアカウントに寄せられる異例の事態に。

公式の神対応

ムーミンの公式サイトは、今回の騒動を受け、1月13日の昼過ぎにTwitterを更新。受験生に対して、こんな神対応を見せました。

まだまだ知られてないんだな、と反省、もっと知ってもらえるよう公式サイトもがんばります!

これを機にムーミンの世界について知ってもらえると嬉しいな。

@moomin_jp ーより引用

受験生にとって、センター試験は未来を左右する大切なもの。多少なりとも神経質になってしまうのは仕方がないことです。

ムーミンの公式サイトも、そうした受験生の思いをくみ取ったのでしょう…理不尽な苦情を受け止め、さらに「知ってもらえると嬉しい」と呼び掛けた対応に「神対応」「粋ですね」「もっと好きになった」と称賛の声が寄せられています。

2018年の秋には、テーマパークのオープン予定があるなど、日本でも高い人気を誇るムーミン。思わぬ騒動に巻き込まれてしまったものの、今回の対応は、ムーミンの好感度をさらに向上させるものでした。


[文・構成/grape編集部]

出典
@moomin_jp

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop