grape [グレイプ]

「放送前に、控室に来て…」テリー伊藤、事件発覚翌日の『国分太一』を語る

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年4月29日に放送された情報バラエティ『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した、演出家でタレントのテリー伊藤さん。

山口達也さんが強制わいせつ罪で書類送検されたことに話題が及ぶと、情報番組『ビビット』(TBS系)で共演する国分太一さんについて語りました。

放送前に共演者の控室を訪れ…

テリーさんは、木曜日と金曜日、『ビビット』でコメンテーターを務めています。

山口さんの書類送検が各メディアで報じられた25日は水曜日。翌26日はテリーさんが出演する木曜日でした。

『サンデー・ジャポン』で、その時の国分さんの様子について聞かれたテリーさんは、こう明かします。

太一さん(国分さん)はすごく責任感が強いから、もうそれこそ収録前(放送前)から。

あの…まあ、僕の控室に来てくれて、「すいません」っていって、涙ぐんでいたんですけども。

で、しゃべった時も泣いてしまって、VTRになった時に「今日は泣かないつもりだったのに、泣いてしまった自分が情けない」って…そう、責任感の強い人ですよね。

サンデー・ジャポン ーより引用

この話を受け、爆笑問題の太田さんは「太一くんは去年からSMAPのことでも、さんざん『ビビット』でコメントしてきましたからね…」と、国分さんを気遣うコメントをしていました。

このエピソードが披露されると、ネットには「太一くん、大丈夫かな」と心配する声が寄せられます。

・テリーさんのいうように、本当に責任感が強い人なんだろう。朝の番組をやっているから逃げられないし…心配だよ。

・山口くんに、太一くんの姿を見てほしい。逃げずに、しっかりと問題と向き合っている太一くんの姿を…。

・テリーさんや太田さんのコメントを聞いていると、太一くんがいかに共演者に愛されているかが分かる。誠実な人なんだろうな。

「同じTOKIOのメンバーだから」と言葉をにごしたり、逃げたりすることなく、『ビビット』の中でもしっかりと問題と向き合っていた国分さん。

しかし、それは番組内だけでなく、放送前も同じだったようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンデー・ジャポン

Share Tweet LINE コメント

page
top