grape [グレイプ]

ファンからも「違和感があった」の声 山口達也の記者会見に国分太一がひと言

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

TOKIOのメンバーである山口達也さんが、2018年4月25日に強制わいせつ容疑で書類送検されたことが明らかになりました。

翌26日には山口さんの記者会見が開かれ、芸能活動の無期限謹慎を発表します。

記者会見を見て、同メンバーの国分太一さんは、27日に放送された情報番組『ビビット』(TBS系)の中で、山口さんへの思いを語りました。

そんな言葉は聞きたくなかった

番組冒頭で記者会見について、国分さんはこのように話します。

正直、冷静に見ることはできませんでした。

どこかで同じメンバーだと思って、見てしまう自分がいたり、1人の男として絶対にやってはいけないという。

「何を山口、会見で語っているんだ」そう思う感覚と…もう本当に冷静に見ることができませんでした。

ただ、記者のかたからの質問の中で出たことだとは思うんですけど、「TOKIOにもし、まだ席があるのであれば戻りたい」というコメントに関しましては、23年間一緒に走ってきたからこそ、そんな甘えた言葉は山口からは聞きたくなかったです。

それよりも、被害にあった人、そしてその家族が普段の生活に戻れる。そこに関して、もっともっと語ってもらいたかった。

率直にそう思っています。

ビビット ーより引用

しっかりとひと言ずつ絞り出すように語った国分さん。山口さんのことを大切に思っている気持ちが強く感じられます。

国分さんの発言に、ネット上ではこのような声が上がっていました。

・私も山口さんの言葉には違和感がありました。戻ってきてはほしいけど、いまはいってほしくなかった。

・ファンとして戻ってくることを願っているし、戻りたいという発言は嬉しかったけど、相手への謝罪が1番ですよね。

・同じメンバーとして、太一くんからは強い覚悟を感じる。山口さんの会見からはやはり甘えが感じられて、少し残念でした。

一緒にやってきたメンバーだからこそ、山口さんの甘えとも取れる発言が許せなかったのかしれません。

つらくてもしっかりとメンバーの言葉を受け止め、また仲のよいTOKIOが見られることを多くのファンも願っていることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
ビビット

Share Tweet LINE コメント

page
top