grape [グレイプ]

息子を亡くした女性の結婚式 新婦を号泣させたサプライズゲストとは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Love Adventured

2017年の夏、ベッキーさんとケリーさんはアメリカのアラスカ州で結婚式を挙げました。たくさんのゲストが出席した会場には、誰も座ることのない『特別な空席』が用意されていました。

それは約2年前に亡くなったベッキーさんの19歳の息子、トリストンくんの席。

式が始まる直前、新郎のケリーさんは突然、式を中断して、彼のグルームズマン(花婿の介添え人)の1人である若い男性をベッキーさんに紹介します。

ジェイコブさんというその男性は、トリストンくんから心臓移植を受けた人だったのです。

アラスカ州に住むベッキーさんとカリフォルニア州在住のジェイコブさんは、これまでにメールのやりとりや電話で会話をしたことはありましたが、実際に会ったことはなかったのだそう。それを知っていたケリーさんは、ベッキーさんに内緒でジェイコブさんを式に招待していたのです。

ベッキーさんはジェイコブさんを抱きしめて、聴診器でトリストンくんの心臓の音を聞きました。

「たとえ姿は見えなくても、息子の一部はいまも生きている」…そのことはきっと母親である彼女にとって、この上なく感慨深いことに違いありません。

海外メディア『TODAY』によると、左心低形成症候群という先天性心疾患をもって生まれたジェイコブさんは、2歳の時に最初の心臓移植を受けたのだそう。ところが2015年に再び病気が悪化し始め、2度目の心臓移植を受けたということです。

手術は無事に成功し、現在はサーフィンやジムでの運動もできるほどに回復。毎日アクティブな生活を送っています。

ジェイコブさんはトリストンくんが臓器を提供してくれたことに、心から感謝しているといいます。

ベッキーさんに内緒で、ジェイコブさんを招待する計画を進めていたというケリーさん。当日はジェイコブさんを、通常は新郎の友人などが務めるグルームズマンとして並ばせるというアイディアが大成功。ベッキーさんはまったく気が付きませんでした。

「いままでの人生で最大のサプライズだった」というベッキーさん。この感動のサプライズに会場の誰もが涙を流していたということです。

天国からお母さんの結婚式を見守っていたトリストンくんも、3人の姿を見て喜んでいるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
Love AdventuredTODAY

Share Tweet LINE コメント

page
top