grape [グレイプ]

「ここで終わらせない」 謝罪する城島茂にかけた、福島農家の言葉に涙

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

2018年4月に発覚した、元・TOKIO山口達也さんの強制わいせつ事件。今回の件を受け、山口さんはジャニーズ事務所との契約を解除しました。

TOKIOといえば、アーティストとしての一面だけではなく、バラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』で農業や建築、動物の飼育に励む姿も印象深いことでしょう。

番組内では新たな村落『DASH村』を開拓するコーナーを18年間続けており、長い間TOKIOのメンバーは多くの人たちと協力してきました。

しかし、今回の不祥事でメンバーの1人である山口さんが脱退…視聴者からは「DASH村はどうなるの」と心配する声が多数上がりました。

城島茂、福島の農家に謝罪

同月13日、不祥事後初となる『ザ!鉄腕!DASH!!』がオンエアされました。

放送されたのは、同年4月29日に番組スタッフと城島茂さんが真剣に今後のことについて話す姿。

田植えは5月ですが、米作りの行程にはタイムリミットがあるため、水入れの作業を進めるか速やかに決めなくてはなりません。

TOKIOのリーダーである城島さんは「苗に罪はないような気がするんですよ」といい、米作りに対する思いを告げます。

直接謝罪をするため、福島県へ…

そして5月10日、福島県双葉郡浪江町にあるDASH村へ城島さんは向かいました。18年間共に米作りをしてきた人たちに、直接謝罪をするためです。

DASH村に到着し、農家の人たちと顔を合わせた城島さん。農家の三瓶専次郎さんは、真剣な表情でこういいます。

明雄さんいたら、『この大バカ者』っていわれたかもしんねえな。

だけど、まだまだ。まだまだっていったよ。

ザ!鉄腕!DASH!! ーより引用

農業指導員として番組で活躍し、2014年に逝去した三瓶明雄さんのことを思いながらそういいました。

生前、明雄さんの口癖は「まだまだ」でした。この言葉に、TOKIOのメンバーは何度も勇気付けられてきたことでしょう。

周囲の人も、城島さんを励ますように「(明雄さんは)『これから!』っていってると思います」と優しく声をかけます。

そして、農家の人たちに何度も土下座をする城島さんに向かって、専次郎さんはこういいました。

大丈夫だ、うん。

いままで津島(浪江DASH村)で十何年もやって、震災の時も、原発事故でも一緒に逃げて、一緒に苦労してやってきたんだから、ここで終わらせない。

またみんなで同じく、あの米を育てていく。そういう気持ちでみんな、集まってます。

ザ!鉄腕!DASH!! ーより引用

今回の不祥事を受け、城島さんはDASH村を存続させるか迷ったこともあったかもしれません。そして、TOKIO自体も続けていくことができるか不安を抱いたことでしょう。

そういったたくさんの不安や悲しみに襲われた城島さんを、福島の農家の人たちは優しく迎えました。

TOKIOと農家の強い絆に涙する視聴者

・会見でも泣かなかった城島リーダーが涙を…。

・福島の農家の人たち、言葉が温かくて涙が出ました。

・「農家の人たちに直接謝罪しないと進められない」と判断したスタッフ、素晴らしいと思った。

・リーダーつらいな…でも、農家の人たちは優しい…。

DASH村を開拓するにあたって、いままで何度失敗をしても力を合わせて立ち上がってきたTOKIO。

まだ心の傷は癒えないかもしれませんが、1歩ずつ着実に歩みを進めてくれるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
ザ!鉄腕!DASH!!

Share Tweet LINE