grape [グレイプ]

「気持ちがよく分かります」 闘病中の小林麻央さんが『幸せそうに見ていたもの』

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

進行性のがんで闘病していた、フリーアナウンサーの小林麻央さん。

2017年6月に亡くなるまで、その姿は多くの人に勇気を与えてきました。

そんな麻央さんの支えになったものの1つを、姉でフリーアナウンサーの小林麻耶さんが、2018年6月5日のブログで明かしました。

小林麻耶「幸せそうに見てました」

この日、公園でのんびりしてきたという麻耶さん。外出できない人にも「外の景色を楽しんでもらいたい」とアジサイの花などを投稿しました。

そこには、闘病中の麻央さんを幸せにしてくれた写真への想いがあったようです。

闘病中、妹に

お花や外の写真を

送ってくださる素敵な方がいました。

妹は幸せそうに微笑みながら

その写真を見ていました。

わたしの写真が

ほんの少しでも 癒しになる

そういう存在であれますように。

まや☆日記 小林麻耶オフィシャルブログ ーより引用

つらい闘病中の麻央さんを笑顔にしてくれた花の写真。その時の行動に感動した麻耶さんは、同じように誰かを癒せる存在になりたいと強く思ったそうです。

麻耶さんの優しい投稿に、このようなコメントが寄せられていました。

・入院中の麻央さんにとって、写真を見ることが癒される時間だったでしょうね。

・麻央さんの気持ちが分かります。真心で撮ってくれた写真は、心の深くまでしみてきます。

・花の写真は、送ってくれた人の優しさも感じられます。

「誰かの役に立ちたい」と願った麻耶さんの投稿に、心が癒されますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
まや☆日記 小林麻耶オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top