grape [グレイプ]

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

フリーアナウンサーとして活躍していた、小林麻央(こばやしまお)さん。

2016年6月にがんで闘病中であることが報じられ、2017年6月22日にこの世を去りました。

夫である歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは翌日のブログで「人生で一番泣いた日です」と語り、小林麻央さんが亡くなったことを知った多くの人が、その死をいたみました。

闘病生活を公表することで、多くの人に元気と勇気を与え続けた小林麻央さん。その闘病生活を振り返ります。

小林麻央と市川海老蔵の結婚までの馴れ初めは? 結婚式は?

小林麻央さんは2010年3月に、市川海老蔵さんと結婚しました。

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

2人の出会いは、報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)。同番組でサブキャスターを務めていた小林麻央さんが、2008年に市川海老蔵さんにインタビューしたことがきっかけで、交際をスタートさせたといいます。

そして、2010年3月3日に婚姻届を提出。同年7月29日に、ザ・プリンスパークタワー東京で挙式と披露宴を行いました。

披露宴を終えた後、会見を開いた2人。報道陣から「どんな家庭を築きたい?」と質問され、このように答えていました。

小林麻央さん:変わらない2人でいられたらいいなと思っています。

市川海老蔵さん:温かい家庭、楽しい家庭、いろんなことがあった時、一致団結できるような家庭にしたい。

市川海老蔵さんについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

小林麻央が、がんで入院

小林麻央の闘病生活が知られるまでの経緯

2016年6月9日に、小林麻央さんが進行性の乳がんで入院していることが報じられ、闘病生活を送っていることが世間に広く知られました。

以前は歌舞伎俳優の妻として、市川海老蔵さんが出演する歌舞伎座などにも顔を出していた小林麻央さん。しかし、この時には、公の場に姿を見せることはほとんどなくなっていたといいます。

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

小林麻央さんの病気が報じられる前の、2016年5月2日の市川海老蔵さんのブログでは、小林麻央さんが体調を崩していることを匂わせる言葉がつづられていました。

市川海老蔵が、小林麻央の病状を伝える会見を開く

不意に小林麻央さんの病状が広まってしまったことを受けて、2016年6月9日に会見を開いた市川海老蔵さんは、小林麻央さんが乳がんであることを公表。

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

この時、「1年8か月も闘病している。詳しい容態はいえないが、『大変なものではないか』と医師にいわれた」と語り、小林麻央さんの容態が思わしくないことをにじませました。

病気が発覚してから公の場に出ることが少なくなった小林麻央さんでしたが、ファンや友人知人を心配させたくないと思ったのでしょうか。

2010年までサブキャスターを務めた報道番組『NEWS ZERO』宛に、メッセージを寄せました。

そのメッセージでは、長い闘病生活での苦労や、家族と一緒に「生きよう」と前向きに思っていることを明かしています。

小林麻央、闘病生活を伝えるブログ『KOKORO.』を開設

一方で、病気が公表されたことに対して小林麻央さんは複雑な感情を持っていたようです。

世間からの好奇の目を恐れたのか、小林麻央さんはそれまで以上に自分の殻に閉じこもり、世間の目から触れないようにしていたといいます。

しかし、医師からいわれた「がんの陰に隠れないで」という言葉に心を動かされ、闘病生活を赤裸々につづるブログをスタートしたのです。

市川海老蔵さんは小林麻央さんを気遣って「無理しなくていい」と伝えたそうですが、小林麻央さんの決意は、驚くほど堅かったといいます。

こちらは、小林麻央さんが初めて書いたブログの一文。世間の目から隠れていた自分と決別する、強い意志がうかがえます。

私は

力強く人生を歩んだ女性でありたいから

子供たちにとって強い母でありたいから

ブログという手段で

陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました。

こんな自分勝手な情けない理由で

ごめんなさい。

でも、一度きりの人生なので、

なりたい自分になろうと

決意できたことは

うれしいです。

小林麻央オフィシャルブログ ーより引用

その翌日に小林麻央さんはブログを更新し、入院してから初めて、写真で姿を見せました。

抗がん剤で髪が抜けるので、試してみたウィッグです。

小林麻央オフィシャルブログ ーより引用

そうコメントし、派手な髪色にするイメージのない小林麻央さんが、金髪のウィッグをかぶった姿を披露。市川海老蔵さんを含め、多くの人から「可愛い」と高評価を得ていました。

久しぶりに見る小林麻央さんの姿に、いたわりや応援のコメントがたくさん寄せられています。

小林麻央の病院での治療生活

がんを告知された日の心境

小林麻央さんは、2016年9月20日のブログで『告知日』と題し、がんを告知された時のことを振り返っています。

生検の結果を聞くまでの10日間は、

ひとりだけ違う時間軸に生きて、

ゆっくりゆっくり皆とは違う

暗闇に追いていかれるような感覚だった。

告知日。

診察室に入った時の先生の表情で、

「陽性だったんだな、

癌なんだな」と分かった。

心の準備は意外とできており、

冷静に先生のお話を伺った。

小林麻央オフィシャルブログ ーより引用

小林麻央さんががんを告知された時にはリンパ節への転移があり、このブログを小林麻央さんが更新した時には、肺や骨にも転移していたといいます。

その後、小林麻央さんはがんの直接的な痛みや、治療に伴う痛みなどを和らげる手術を受けました。

手術が根治を目的としたものでなくても、小林麻央さんは気丈な姿勢を崩しませんでした。

医師に、がんのステージを告知された小林麻央は…

小林麻央さんのがんの状態が、2016年10月3日のブログで明かされました。

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

※写真はイメージ

私はステージ4だって

小林麻央オフィシャルブログ ーより引用

がんは、一般的に根治が難しいといわれるステージ4にまで進んでいました。

しかし、小林麻央さんは「治したいです!」と、心の叫びをブログに投稿。

「とにかく生きたい」という気持ちが伝わってくる言葉をつづっています。

5年後も

10年後も生きたいのだーっ

あわよくば30年!

いや、40年!

50年は求めませんから。

だって

この世界に 生きてる って

本当に素晴らしいと、感じるから。

小林麻央オフィシャルブログ ーより引用

転移は、顎にまで

それから約半年の月日が流れた、2017年5月。

鏡の前に立った小林麻央さんは、自分の姿を見て大きなショックを受けたそうです。

私が恐れていた姿に近い身体が写っていて、一瞬 衝撃を受けたあと、泣いてしまいました

小林麻央オフィシャルブログ ーより引用

また、がんは顎にまで転移。特にこの顎への転移は、小林麻央さんを苦しめたようです。

痛み止めも効果がなく、激しい痛みに悩まされて気が休まる時がなかったといいます。

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

※写真はイメージ

どうにか痛みを和らげられないかと特製の湿布を貼るなど、苦心している様子も見せました。

小林麻央、最期のブログ『オレンジジュース』

2017年6月20日に更新されたブログ『オレンジジュース』が、小林麻央さんの最期のブログです。

毎朝、お母さんが絞ってくれるオレンジジュースを、心待ちにしているという小林麻央さん。

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

※写真はイメージ

ブログには、お母さん特製のオレンジジュースと、笑顔の小林麻央さんの写真、そしてこのような言葉がつづられています。

今、口内炎の痛さより、オレンジの

甘酸っぱさが勝る最高な美味しさ!

朝から 笑顔になれます。

皆様にも、今日 笑顔になれることが

ありますように。

小林麻央オフィシャルブログ ーより引用

最期まで生きる意思を失わず、多くの人が笑顔になれるよう祈った小林麻央さん。

小林麻央さんの人柄が、とてもよく分かる言葉です。

小林麻央の死去

小林麻央の死と、市川海老蔵の会見

2017年6月23日、市川海老蔵さんのブログで、小林麻央さんが亡くなったことがそれとなく伝えられ、その後、各メディアが一斉に小林麻央さんの死を報道しました。

市川海老蔵さんはその日に会見を開き、小林麻央さんの最期をこのように語っています。

「愛してる」と(小林麻央さんが)いって、そのまま旅立ちました。

何というのでしょうか。こんなに、愛されていたのはよく分かっていたんですけど…。

最後の最後まで、愛してくれていたことに…何ともいえませんね。

涙に詰まり、言葉が出ない市川海老蔵さん。その姿を見た多くの人が、小林麻央さんの死をいたんで涙しました。

実際の会見の映像がこちらです。

麻央さん、息引き取る瞬間「愛している」 海老蔵さんが会見【ノーカット】

小林麻央への想いを、姉・小林麻耶が語る

小林麻央さんと大の仲よしだったという、姉でありタレントの小林麻耶さんも、自身のブログで心境を語りました。

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

小林麻耶さんにとって、小林麻央さんは「絶対的な味方で、一番の理解者。世界一愛しい存在」だといいます。

妹への深い愛情と、失ったことへの悲しみが感じられる言葉に、多くの人が胸を傷めました。

小林麻央の死を、多くの人が悼む

小林麻央さんが亡くなった影響は大きく、連日メディアが報道し、芸能人を含めたさまざまな人から哀悼の声が上がりました。

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

ダウンタウンの松本人志さんも、番組の中でコメントし、その言葉が共感を呼んでいます。

海外からも、悲しみの声

「小林麻央さんが亡くなった」という報道に動揺したのは日本人だけでなく、海外の人からも悲しみの声が上がりました。

イギリスの大手メディアBBCニュースは、小林麻央さんを「影響力を持ち、人の心を動かす女性100人」に選出。

小林麻央さんは生前、BBCにこんな手記も寄稿しています。

人の死は、病気であるかにかかわらず、
いつ訪れるか分かりません。

例えば、私が今死んだら、
人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが
私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、
愛する人に出会い、
2人の宝物を授かり、家族に愛され、
愛した、色どり豊かな人生だからです。

BBCニュース ーより引用

また、多くの人の心を揺り動かした小林麻央さんのブログ『KOKORO.』は、スタンフォード大学の東アジア図書館に、電子文書として保存されることになりました。

その理由は、「がんと闘いつづけた小林麻央さんの勇敢さが、未来の読者の心にも響くと考えられたから」だといいます。

翌年、小林麻央さんの命日である6月23日(正確には22日)には小林麻央さんを偲ぶ会が執り行われ、哀悼の声が多数寄せられました。小林麻央さんの素敵な笑顔や勇敢に闘った姿が、多くの人の心に残っている証ですね。

小林麻央の葬儀は? 市川海老蔵がブログで『最後のお別れ』を報告

サンケイスポーツによると、小林麻央さんの葬儀は2017年6月26日に、家族や親しい人だけで営まれたといいます。

歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻で、22日に乳がんで亡くなったフリーアナウンサー、小林麻央さん(享年34)の密葬が26日、東京都内で営まれた。葬儀は、海老蔵の父、故市川團十郎さん(享年66)と同じ神道形式。

サンケイスポーツ ーより引用

市川海老蔵さんは同日に更新したブログで、小林麻央さんと『最後のお別れ』をしたことを報告しました。

滞りなく

終える事が出来ました。

まおとの最後のお別れでした。

子供達も全て立会いました。

2人が

どう感じたのか…

わかりません。

が、、

常に2人に愛を注ぎたいと思います。

市川海老蔵オフィシャルブログ ーより引用

小林麻央は気功や宗教にハマっていたのか

週刊新潮の2017年7月6日号に掲載された記事の中で、小林麻央さんが治療をオカルト的な『気功』に頼っていたという内容のものがありました。

こういった治療に頼った結果、抗がん剤などの一般的ながん治療を始めるのが遅れてしまったというのです。

小林麻央さんや市川海老蔵さんのブログを確認すると、確かに『気功』という言葉がでてきます。

市川海老蔵 ブログ『気功!?』

おいらも

教えてもらったよ

よし!なんかいい!!

市川海老蔵オフィシャルブログ ーより引用

小林麻央 ブログ『鈍感だ』

今日、ある医師の本を読みました。

お薬の効果を患者さんに聞いたとき、

「特に変わりありません わかりません」

と答える患者さんより

「ひとつでも良い変化を探して答えようとする」患者さんの方が

治療効果が高いそうです。

私は、カウンセリングを受けて気づいたことがありました。

それは「私は 鈍感な人間だ」と常に思っていたことです。

例えば、

マッサージをしたり

気功をしたり

サプリを飲んだり しても!

「私は本当に身体が鈍感だから効果がまだよく分からないの」

が口癖でした。

小林麻央オフィシャルブログ ーより引用

小林麻央さんが通常のがん治療を始めるのが遅かったのは間違いないことだといいます。

とはいえ、ブログを見る限りでは2人がこういった気功や宗教的なことに頼り切りになった様子はなく、あくまで健康のために行っていたのではと想像できます。

小林麻央さんのブログにも後悔する言葉がつづられていますが、それは気功に頼ったからというわけではなく、手術や抗がん剤治療を勧められた時は授乳中だったり、新しい家族ができた時のために乳房を残しておきたいと考えたりして、手術をしなかったという説が有力なようです。

真実はご本人にしか分かりませんが、小林麻央さんや市川海老蔵さんが真剣に考え、必死に闘っていたのはまぎれもない事実ではないでしょうか。

小林麻央の死から時が経って…

小林麻央さんが亡くなってから半年が経った、2017年12月。

シングルファーザーになった市川海老蔵さんが、娘の麗禾(れいか)ちゃんと、息子の勸玄(かんげん)くんとの3人暮らしについてや、心境を語りました。

「必ずよくなる」と考えていたため、子どもたちに遺書などは残さなかったという小林麻央さん。

しかし、市川海老蔵さんや子どもたちに、大切なものを残してくれていたのです。

小林麻央を失った市川海老蔵の『今』は?

一時、姉の小林麻耶さんが小林麻央さんが亡くなった後も市川海老蔵さんと子どもたちを献身的にサポートしたため、「小林麻耶さんと市川海老蔵さんは再婚するのでは?」との噂が立ちました。

しかし、小林麻耶さんはこの噂を小林麻央さんの一周忌の場できっぱりと否定。2018年7月には、4歳年下の整体師の男性と結婚しています。

また、2018年6月には、姉の小林麻耶さんが自身のブログにアジサイの花などの写真を投稿し、外出できない人にも「外の景色を楽しんでもらいたい」とコメント。

そして、小林麻央さんの思い出話を交えながら、現在の気持ちを語りました。

闘病中、妹に

お花や外の写真を

送ってくださる素敵な方がいました。

妹は幸せそうに微笑みながら

その写真を見ていました。

わたしの写真が

ほんの少しでも 癒しになる

そういう存在であれますように。

小林麻耶オフィシャルブログ ーより引用

小林麻耶さんの小林麻央さんに対する愛情はとても深いもの。小林麻耶さんについて詳しく知りたい人は、こちらもご覧ください。

市川海老蔵さんも小林麻央さんの一周忌を迎え、当時の小林麻央さんのブログの内容に触れながら、心境を明かしました。

また、市川海老蔵さんは2020年5月に、江戸時代から続く名跡(みょうせき)『十三代目 市川團十郎白猿(はくえん)』を襲名することを発表。

2019年1月14日に開かれた襲名会見では、「襲名が決まったことを亡き父にどのように伝えたのか」と質問されると、市川海老蔵さんはこのように答えています。

やはり、一番伝えたい人物は2人いまして、父と小林麻央です。

この伝えたい人物に、直に伝えられないということはやはり、とても大きなことであります。

ですけどお墓参り、そして今日も出かける前に妻に手を合わせて「そういう日が来たよ」と。

どれだけの時が経っても、市川海老蔵さんの心から小林麻央さんの面影が失われることはないようです。

さらに、2019年5月に、小林麻央さんと市川海老蔵さんの娘である麗禾ちゃんが『4代目市川ぼたん』の名前を襲名することが発表されました。

これまで3代目市川ぼたんを名乗っていたのは、市川海老蔵さんの妹さん。今後は、4代目市川翠扇(すいせん)を襲名します。

市川海老蔵さんはブログに、「自分のことよりも嬉しい瞬間に立ち会えて、感謝です」と喜びをつづりました。

2020年になった今も、小林麻央さんのブログには多くのコメントが寄せられています。

病気になって苦しんでいても、愛情のある言葉を語り、同じ状況で苦しむ人たちを勇気づけた小林麻央さん。彼女の素敵な笑顔や言葉を、私たちは忘れることはないでしょう。

小林麻央のブログ『KOKORO.』から闘病生活を振り返る 姉・小林麻耶が語った想いとは

小林麻央さんに関係する、こちらの記事もあわせてご覧ください。


[文・構成/grape編集部]

出典
小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」市川海老蔵オフィシャルブログ麻央さん、息引き取る瞬間「愛している」 海老蔵さんが会見【ノーカット】BBCニュースサンケイスポーツ小林麻耶オフィシャルブログebizoichikawa.ebizoichikawamaya712star9

Share Tweet LINE

page
top