grape [グレイプ]

逆転負けを喫した日本代表に『無神経な質問』 小林祐希が「状況考えろ」と怒り!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『2018 FIFAワールドカップ』で決勝トーナメントに進出した、日本代表。

2018年7月3日早朝に行われたベルギー戦では、後半早々に日本代表が2点を奪います。しかし、優勝候補ともいわれるベルギー代表の猛攻の前に2失点。

2-2の同点で迎えた後半ロスタイムに、ベルギー代表が決勝点を奪い、2-3で日本代表は敗れました。

世界トップレベルの選手を擁するベルギー代表に対し、一歩も引かない戦いを見せた日本代表に、世界中から称賛の声が寄せられています。

・日本代表は本当に素晴らしい戦いをした。このW杯でもっともエキサイティングなゲームだった。

・アジア勢としての誇りを見せた。日本代表が勝っていてもおかしくない試合だった。

・日本代表は完璧な試合をした。世界中の人を魅了したよ。

インタビュアーの質問に…

日本代表の素晴らしい戦いに、感動をしたのは一般の人だけではありません。

日本代表として、このW杯に出場する可能性があった小林祐希(@iamyuuki4424)選手も、仲間たちの戦いに注目をしていました。

現在はオランダの『ヘーレンフェーン』に所属し、さらなるビッグクラブへの移籍を狙う小林選手。

2-2で引き分けたグループリーグのセネガル戦の直後に、こうツイートしました。

日本代表の戦いにエールを送りつつ、「オレも!」と自らを奮い立たせているようにも見えます。

そんな小林選手が、ベルギー戦の直後に厳しい口調でTwitterを更新し、注目を集めています。

小林選手がいっているのは、試合直後に行われた「インタビュアーの質問について」でしょう。

2-0から逆転された日本代表の選手に対し、インタビュアーは「いまの気持ちは?」などと質問をしています。

ネットでも「悔しいに決まってるだろ」「無神経なことを…」と批判を集めていた質問に対し、小林選手も憤りを覚えたようです。

素晴らしい戦いを見せてくれた日本代表の選手に贈る言葉は「これで十分ではないか」と、続けてこうツイート。

一連のツイートに対し、「その通りだ」という肯定的な意見がある一方、否定的な意見も寄せられています。

■肯定的な意見

・小林選手のいう通り、これは愚問だと思う。「なんてバカげた質問なんだ」と感じた。

・選手の気持ちなんて聞くまでもないだろう。「あれだけ走って戦った選手が悔しくない」というと思う?

・サッカー選手に限らず、スポーツ選手への質問って無神経なものが多いよね。改善すべきだと思う。

■否定的な意見

・「いい質問だ」とはいわないけど、インタビュアーも仕事だしね。質問も決められているんだろう。

・だから、小林選手はW杯のメンバーから外されたんだ。マスコミ対応は選手の義務だよ。

・インタビュアーが選手にどんな質問をするかは、小林選手には関係ない。

小林選手の意見に賛同する声は多いものの、「試合直後の選手の気持ちを知りたい」というコメントもありました。また「戦術とか、細かい話はもっと時間が経ってから聞けばいい。試合直後は選手の生の声を聞きたいのでインタビュアーの質問は間違っていない」という意見も…。

サッカーのみならず、スポーツ選手に対し、試合直後に「いまの気持ちは?」と質問するインタビュアーは多くいます。これまでも「勝てばうれしいし、負ければ悔しいに決まってるだろ」という声が、ネットで関心を集めていました。

「どちらが正解だ」とはいえない問題ですが、小林選手の『ひと言』は、間違いなくこういった環境に一石を投じるものです。

選手の心境に配慮しつつも、視聴者が本当に知りたいことを的確に伝える…日本代表が今後さらに強くなっていくためには、競技そのものだけではなく、サッカー文化の成熟が不可欠なのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@iamyuuki4424

Share Tweet LINE コメント

page
top