grape [グレイプ]

住居侵入で捕まった『容疑者』の顔写真 見た人たちが大笑いした理由とは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

アメリカの警察署では、犯罪を行った容疑者の顔写真を撮影して公開します。写真は『マグショット』と呼ばれ、それがたとえ一般人であっても著名人であっても公開されるのが一般的です。

2018年7月、ニュージャージー州で何者かが住宅の庭に侵入する事件が発生。容疑者は駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。

そして警察は容疑者のマグショットをFacebookに公開。それがこちらです。

この容疑者はニュージャージーアベニュー1300番地にある住宅の庭にこっそり侵入していたところを捕まりました。

#pugmug(パグマグ)

もしこの者の飼い主を知っていたらご連絡を。

住居侵入で捕まった容疑者は『パグ』!!!

警察はさらに『容疑者』が収容されている様子も公開します。

それからまもなく飼い主が見つかり、『容疑者』であるメス犬ビーンは保釈金であるクッキーを支払って無事に釈放されました!

この警察のユーモアあふれる投稿を見た人たちは大笑い!『容疑者ビーン』のマグショットは1万回以上シェアされています。

アメリカでは迷子になった犬が誰かに連れ去られたり、そのまま行方不明になったりすることもあります。

ビーンを保護してマグショットを公開し、それがネットで話題になったおかげで、スピード釈放につながったといえるのではないでしょうか。まさに警察のお手柄ですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Cape May Police Department

Share Tweet LINE コメント

page
top