grape [グレイプ]

限界はないのか? ロバート秋山の『なりきり芸』に、吹き出す人が続々

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんが、さまざまなプロフェッショナルになりきる人気シリーズ『クリエイターズ・ファイル』。

今回は、予約3年半待ちのカリスマトレーナーであり、「美尻ブームの火付け役」と呼ばれるMICO(ミコ)さんを演じました。

インタビュアーの前にさっそうと現れた、秋山さん演じるカリスマトレーナー。多くの女性が「受けてみたい」と憧れを抱く、人気レッスンの内容とはどのようなものなのでしょうか。

「出会って3秒でレッスン開始」や、「身近なモノをずらす」など、MICO流のメソッドが炸裂!

ストイックさと自由な発想をあわせ持つスタイルで、周囲を魅了していきます。

秋山さんの演じる美尻のカリスマトレーナーに、ネット上ではツッコミのコメントが殺到しました。

【ネットの声】

・『スーパーフード』ってそっちかい!

・お尻よりお腹に目がいくんだけど。

・蛍光色のネイルとか、箸の持ちかたとか…。本当にいそうなキャラで笑ってしまう。

・「いまのは半分だよ?」っていう時のドヤ顔がウザくて吹いてしまった。

いつも想像のナナメ上を行く発想で、私たちを笑わせてくれる秋山さん。彼の追い求めるパフォーマンスの領域に、『限界』という名の壁はないのかもしれません!

秋山さんは、ほかにもユーモアあふれるキャラクターになりきっています。こちらの記事もチェックしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

出典
MICO(ミコ)①(パーソナルヒップトレーナー)“美尻のカリスマ”登場が理想のカラダを作る! 予約3年待ち、今話題のレッスンで究極のヒップに!【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル

Share Tweet LINE