grape [グレイプ]

ロバート秋山が『航空会社の社長』になりきると? 「やめて」「笑いが止まらない」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんが、さまざまなプロフェッショナルになりきる人気シリーズ『クリエイターズ・ファイル』。

今回は、タートル航空(以下、TAL)代表取締役社長の橋的勝二(はしまとかつじ)さんを演じました。

橋的さんが運営する航空会社TALは、業界最安値をうたう庶民派として、多くの人々に親しまれています。

「航空業界の風雲児」として呼び声が高い橋的さんが語る、経営者としての持論や今後の展望とは…。

橋的さんがしみじみと語る、リンゴ農家を営む両親の教えは、クセが強すぎてまったく頭に入ってきません…!

さらに「機内のCAが全員母親」という斬新さを持つ航空機『MOTHER AIR LINE』の紹介映像で、視聴者の笑いのツボを刺激します。

秋山さんの演じる社長の発言に、ネット上ではツッコミを入れる人が続出しました。

【ネットの声】

・ヤバい、橋的家の教えが全然ピンとこない…。

・リンゴ農家なのにバナナ推しすぎてて笑った。

・父ちゃんの写真!もっといいヤツ使ってやれよ。

・『MOTHER AIR LINE』って、完全に秋山の趣味だろ!

毎回、絶妙なリアルさとユーモアで私たちを楽しませてくれる、秋山さんのなりきり芸。

次はどんな人物になりきって、私たちを笑わせてくれるのでしょうか。今後も注目したいものです!


[文・構成/grape編集部]

出典
橋的勝二①(タートル航空[TAL]代表取締役社長)航空業界の風雲児。原点の「父の教え」が心に染みる。【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル

Share Tweet LINE