grape [グレイプ] entertainment

ロバート秋山が魔性の女詐欺師に まさかのオチにツッコミが追いつかない

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ロバートの秋山竜次さんが、さまざまなプロフェッショナルになりきる人気シリーズ『クリエイターズ・ファイル』。

新たに彼が演じたのは、魔性の女詐欺師・押上希江(おしあげきえ)。

押上希江はたったの3日間で3人の男性からそれぞれ金をだまし取り、被害総額はなんと6億40万円。『魔性のシンガポール事件』と呼ばれる事件となりました。

なぜ、詐欺師がクリエイターと呼ばれるのか…その謎に迫ります。

被害男性たちは口を閉ざす

『魔性のシンガポール事件』の被害男性3人は、取材に応じるも、なぜか最後は口を閉ざしてしまいます。

山田二郎さん(仮名・67歳)

「それはもちろん罪は償ってほしいです、でも、まあ、それくらいのことはやってもらっていますので。本当に勘弁してください。すみません…」

田中義男さん(仮名・54歳)

「これは本当に許せないし、悔しいし、情けない。ですが、このようなことをいうべきではないのかもしれませんが、たまに思い出してしまうんです。あのモンスーンというか、亜熱帯というか。私のマーライオンというか。まあこの辺で勘弁してください」

鈴木武史さん(仮名・52歳)

「絶対に許せないことだと思います。しかし、その被害意識をもかき消してしまうというか…。ものすごいというか。赤道直下というか。私のジョホールバルの奇跡というか…。勘弁していただけませんかね?もう終わったことですし」

あまりにクリエイティブな手口とは

押上希江について語るのは、現犯罪心理ジャーナリストの若松章雄。

8年間、押上希江を追い続けた彼が語る「押上希江がクリエイターである理由」とは…。

お、オチがひどすぎる…。

動画を見た人からは、ツッコミが続々と寄せられています!

・刑事お前もか!

・モザイク仕事しろ!

・目の付け所がさすが。

・意味が分からなすぎるけど、とにかくスゴイ。

予想の上を行くという点で、いつも私たちを驚かせてくれる『クリエイターズ・ファイル』。ロバート秋山さんのセンスに絶句せずにいられません…。


[文・構成/grape編集部]

出典
押上希江①( 詐欺師)“魔性のシンガポール事件” のあまりにクリエイティブな手口とは!?【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#38】

Share Tweet LINE コメント

page
top