grape [グレイプ]

トシも思わず「変態じゃねえか」のツッコミ 元アナウンサーの特殊すぎる緊張緩和法が衝撃的

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

元東北放送のアナウンサーでグラビアアイドルの薄井しお里さんが、2018年11月14日に放送されたバラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演。

日々、エロを追求しているという薄井さんはアナウンサー時代からとんでもない行動をしていたことを明かしています。

独自の緊張緩和方法に思わず、タカアンドトシのトシも「変態じゃねえか」のツッコミ

薄井さんは「自分の中では、『エロいことやってるぞ』っていう(感覚はなかった)」と、前置きしてその驚きの内容を告白しています。

私、報道番組を担当していたんですけど、生放送のニュースを読む時にノーパンで…。

ナカイの窓 ーより引用

なんと生放送の報道番組にノーパンで出演していたのだとか。

この女子アナにあるまじき内容に思わず、共演者のタカアンドトシのトシさんは「変態じゃねえか」と、ごもっともなツッコミを入れていました。

薄井さんは続けて、ノーパンで報道番組に出演していた理由についてはこのように説明しています。

やっぱりニュースを読む時、緊張してしまって…。

「噛んだらどうしよう」とか「間違ってしまったらどうしよう」とか思うじゃないですか。

(だからノーパンでいることにより)「私はいまノーパンなんだ」と思うと、そんなに緊張している場合じゃないぞっていう…。

ナカイの窓 ーより引用

ニュースを読む時の緊張を緩和するために、ノーパンで出演していたという薄井さん。

確かにノーパンであることが気になって、それ以外のことに緊張することはないかもしれませんね。

それでも、そのような特殊すぎる方法を清楚なイメージが強い女子アナでとっている人がいたとはやはり驚きです。

そのため、これまたトシさんが「性癖でしょ!」と、核心を突いた指摘をしていました。

番組MCの中居正広さんも「読める原稿も読めないじゃんか」と心配していましたが、薄井さんによれば、ノーパンであることで「よりいっそうニュースに集中できる」そうです。

いまも大事な仕事はノーパン!

また、薄井さんは現在も大事な仕事はノーパンで出演するようにしているとのことで、この日の収録もノーパンであることを告白していました。

実際、女性共演者が本当に薄井さんがノーパンなのか、チェックしたところ…結果はいうまでもありませんでした。

薄井さんはこの日、スカート丈が膝上ぐらいまでの白のレーススカートを着用していたこともあり、「いやいや、危ないでしょ。この角度」と、男性共演者たちはソワソワしていました。

一方で、当の薄井さんはまったく動じていませんでしたから、もはやノーパンは日常的なことのようですね。

そんなこと妄想の世界だけだと思ってた。 以下、世間の反応です。

・まさかそんな規格外な女子アナがいたとは…。

・そんなシチュエーション、いかがわしいビデオぐらいだと思ってた。

・これは薄井さんの女子アナ時代を知ってる人はドキドキだろうな。

・世の中いろんな人がいるもんだな。

・今後、薄井さんを見かけたらノーパンなのか、常に気になっちゃうのが男のさがでしょ。

また、薄井さんは小学校時代からグラビアアイドルになりたかったといい、アナウンサーになったのもグラビアアイドルになりやすいからと考えたからだそうです。

つまり、アナウンサーになったのは単なる通過点とのこと。とても特殊なパターンですが、そんなこともあるんですね。

薄井さんはいまでもエロを追求しているということですから、ノーパンで仕事をする以外にはどのようなことをしているのか、気になるところですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ナカイの窓

Share Tweet LINE コメント

page
top