grape [グレイプ]

運転免許証は、亡くなった夫の『最後の顔写真』 泣く妻に警察官が神対応!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

語呂合わせから『いい夫婦の日』とされている11月22日に、京都で農業を営んでいるFarmer's KEIKOさんがブログを更新。

亡くなった夫の運転免許証を警察署まで返納しに行った時の出来事をつづり、人々の心を揺さぶりました。

泣くKEIKOさんを見た、警察官の心遣い

KEIKOさんの夫は、2018年10月23日に52歳で亡くなりました。1か月ほど経った11月20日、警察署から1通のハガキが夫宛てに届いていることに、KEIKOさんは気が付きます。

それは「運転免許証更新のための講習会に、夫が来ていないことを知らせるハガキ」でした。

夫が運転免許証の更新をしようとしていたことを思い出した、KEIKOさん。亡くなった夫に代わり、古い運転免許証を返納するために警察署に向かいました。

「運転免許証の所持者が亡くなった場合、遺族は警察署や運転免許センターなどにすみやかに返納するべきだ」といわれていますが、決して義務ではありません。

ですが、夫は運転免許証の更新手続きを進めていたため、便宜的に古い免許証を返納する必要があったようです。

夫の最後の写真

警察署で、夫の古い運転免許証を警察官に手渡したKEIKOさん。その時、新しい免許証が見えて、KEIKOさんは涙があふれて止まらなくなってしまったといいます。

なぜならその免許証の写真が、主人の最後の写真だったからです。

しかも無精ひげを生やして、寝ぐせつきまくりで、顔はブスッとしてて、不細工な写真なんです。不細工すぎて泣きました。

主人らしいな、普通は免許証の写真なんて何年も使うものだから、少しでもよく映りたいと思うものなのにね。

Farmer's KEIKO オフィシャルブログ ーより引用

「故人の新しい免許証を持ち帰らせてくれた」という例もありますが、KEIKOさんの行った警察署では持ち帰りはできませんでした。

しかし、涙を流すKEIKOさんを見て、警察官がある提案をしてくれたのです。

「免許証はお渡しできませんが、カラーコピーをとりましょうか?」

※写真はイメージ

警察官は、何とか夫の最後の写真をKEIKOさんに持ち帰らせようとしてくれたのです!

カラーコピーをしたところ、「写りが悪いから」と運転免許証の写真まで撮らせてくれました。

家に帰ったKEIKOさんは、カラーコピーを切り抜くとラミネート加工を施し、夫の仏壇へ。

「あんた、待ちに待ったゴールドの運転免許証やで。昔はしょうもないシートベルトとかで捕まって、今回は違反がなかったので念願のゴールド免許証やで、5年更新やから次回の更新は平成35年まで有効やからな。」そう言って仏壇に、不細工に映っている主人の顔写真付きの免許証を飾りました。

男前やのに、なんで最後の写真はこれやねんっ・・・泣き笑いでした。

Farmer's KEIKO オフィシャルブログ ーより引用

夫が手に取るはずだった、ゴールドの運転免許を供えたからでしょうか。

後日、KEIKOさんは夢の中で夫と会います。いつもは会話ができないのですが、この日は夫の声を聞くことができました。

KEIKOさんの言葉に、夢の中の夫は…。

私が「死んでもいいわ、ぽっくり逝って、あんたに会いたいわ」って言うと(あくまでも夢での話です)

主人が声を大にして
「アカン、わしはな、お前を見ているのが楽しいねん。」

その言葉を最後に目が覚めました。

Farmer's KEIKO オフィシャルブログ ーより引用

夫の「おまえを見ているのが楽しいから、死ぬな」という言葉に、KEIKOさんは胸がいっぱいになったことでしょう。

夫は亡くなる前にも夢の中に出て来て、2回目のプロポーズをしてくれたことを思い出したKEIKOさん。

ブログの最後に、次の言葉をつづりました。

今日はいい夫婦の日。
25年前と同じように返事をしようと思います。

「はい喜んで!その代わり世界一、仲のいい夫婦になろうね」って。

Farmer's KEIKO オフィシャルブログ ーより引用

ブログを読んだ人たちからは、「警察官の粋な計らいが、どれほど嬉しかったことでしょう」「泣きました。すべては亡くなった夫が、そうするようにうながしてくれたことだと思います」などのコメントが寄せられました。

夫婦の愛を感じるエピソード。これからも夫は、空からKEIKOさんを見守ってくれていることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Farmer's KEIKO オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top