grape [グレイプ]

「初めまして!」 初対面の男性に不思議なほどなついた保護犬 すると数週間後…

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Cindy Grisanti

運命の出会いが、いつどこからやってくるのかは分かりません。そしてその出会いは人だけでなく、動物との出会いということもあるでしょう。

アメリカ・ニューヨーク州にある動物保護シェルター『シティ・オブ・バッファロー・アニマルシェルター』でボランティアをしているシンディさんはこの日、アーニーというオスの保護犬を散歩に連れていくことにします。

外を歩いていると、貨物運送会社『UPS』のトラックが停まっていました。海外メディア『The Dodo』によると、この時、運転手のジェイソンさんは休憩中で、配送トラックのステップに座って休んでいたといいます。

するとアーニーが突然ジェイソンさんのほうへ駆け寄っていったのです。それはまるで久しぶりに懐かしい友人に会ったかのようなリアクションだったのだそう。

アーニーに気付いたジェイソンさんは「こっちにおいで」と彼を呼びました。するとアーニーはジェイソンさんのそばに行って、彼の顔をペロペロと舐め始めたのです。

まるで初対面とは思えないほどジェイソンさんになついているアーニー。

この後シンディさんが散歩を再開しようとしたところ、アーニーはジェイソンさんのトラックから離れたがらなかったのだそう。ジェイソンさんのことが相当気に入ったみたいです。

偶然の出会いから数週間後

この出来事から数週間後、ジェイソンさんはSNSの投稿でアーニーがまだシェルターにいることを知り、悲しい気持ちになったといいます。

そして彼は家族と相談し、アーニーの里親になることを決めたのです。

ジェイソンさん:「アーニーはとても楽しい犬です。もっと早く彼を家に連れて帰ればよかったと、胸が痛みます。」

The Dodo ーより引用(和訳)

そしてアーニーがジェイソンさんの家族となってから2週間後、シンディさんのFacebookに現在のアーニーの様子が投稿されました。

これはまさに私を嬉しい気持ちにさせてくれる瞬間です。この犬は私たちのシェルターにもっとも長く住んでいた犬の1匹でした。

でも彼はパーフェクトな家族を待っていたのです。そして彼はそれを見つけました。

メリー・クリスマス、アーニー。今年は間違いなく、あなたにとって最高のクリスマスになるでしょう。

Cindy Grisanti ーより引用(和訳)

アーニーは2018年8月に保護されてから11月にジェイソンさんの家族となるまで、ずっと里親が決まらなかったのだそう。

しかし結果的には素晴らしい家族と出会うことができて本当によかったですね。

ジェイソンさんの姿を見るなり、嬉しそうに駆け寄っていったアーニー。もしかすると彼は、ジェイソンさんが自分の里親になることを知っていたのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Cindy GrisantiJason CoronadoThe Dodo

Share Tweet LINE コメント

page
top