grape [グレイプ]

成宮寛貴の現在は? 弟との壮絶人生や『これから』についての噂に驚き

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として活躍していた成宮寛貴(なりみやひろき)さん。

2016年12月に芸能界を引退した時には、多くのファンから「さみしい」といった声が上がりました。

そんな成宮寛貴さんの活躍ぶりや壮絶な過去、現在の様子などさまざまな情報をご紹介します。

成宮寛貴ってどんな人?

まずは成宮寛貴さんのプロフィールをチェックしていきましょう。

本名:平宮博重(なりみやひろしげ)

生年月日:1982年9月14日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:172cm

成宮寛貴さんは17歳の時に、女優のかたせ梨乃さんに勧められた、演出家の宮本亜門(みやもとあもん)さんの舞台のオーディションに参加。見事合格し、舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』で俳優としてデビューしました。

2001年には、映画『溺れる魚』で映画デビュー。

2002年にドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)に出演したことがきっかけで一気にブレイクし、人気俳優の仲間入りを果たします。

その後も成宮寛貴さんの人気は衰えることを知らず、ドラマ『高校教師』(TBSテレビ系)や『オレンジデイズ』(TBSテレビ系)など、数々の話題作に出演。

2005年には、『第29回エランドール賞』で新人賞を受賞。

2009年公開の映画『ドロップ』や、翌年4月から放送されたドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』(TBSテレビ系)などでは主演を務め、実力派俳優として確固たる地位を築きます。

2012年10月から、ドラマ『相棒 season11』(テレビ朝日系)で、俳優の水谷豊さん演じる主人公の3代目『相棒』役に抜擢。2015年3月の『相棒 season13』の最終回まで務めました。

ドラマ『相棒 season11』の制作発表に出席した成宮寛貴さん 2012年

順調に見えていた成宮寛貴さんですが、2016年12月9日に芸能界を引退することを発表し、多くのファンがその才能を惜しみました。

成宮寛貴 親代わりとなって弟を育てた過去とは?

成宮寛貴さんは、2015年7月3日に放送されたトーク番組『A-Studio』(TBSテレビ系)で、壮絶な過去について明かしていました。

幼いころに両親が離婚し、母子家庭で育った成宮寛貴さん。

6歳離れた弟と3人で暮らしていましたが、14歳の時に母が他界。それからは弟と2人きりの生活が始まります。

成宮寛貴さんは弟を養うため、高校には進学せず、引っ越しのアルバイトをしながら生計を立てていました。

成宮寛貴さんが芸能界に入るきっかけも、弟の進学のためだったといいます。

どうやったら大学を卒業した人たちを超えるお給料をもらえたりとか、弟を支えていくことができるんだろうっていう風に考えて。

たまたま本当に偶然なんですけど、この仕事のオーディションの話をいただいて、受けたのがきっかけなんですけど。

A-Studio ーより引用

俳優としてデビューし、人気者に成長した成宮寛貴さんは、働いたお金で弟を高校・大学へと進学させます。

自分が中卒ということもあり、「学歴がどれだけ世間に出るのに大事か」ということを身に染みて感じていたという成宮寛貴さん。弟を、よりいい大学に行かせようとこんな説得をしたといいます。

最初は、ちょっと(弟が)変な大学に行こうとしてですね。

入学金も払ったんですけど、「この弟の性格でここ行くと、幸せになれないんじゃないかな」と思って、「お願いだから1年浪人して、東大行ってくれ!」っていって。

で、弟説得して、東大は入れなかったんですけど、理科大に入ってくれて。

A-Studio ーより引用

その後、弟は無事に大学を卒業し、就職。いまでは結婚して幸せに暮らしているそうです。

番組終盤、弟が成宮寛貴さんに宛てた感謝の手紙を、MCの笑福亭鶴瓶さんが読み上げました。

兄へ

幼少のころは母が出張で、留守にしがちでよく2人で留守番をしていましたね。

イタズラ好きな兄は、さびしくないようにとよく私をからかい泣かしていました。おかげで泣かされていた記憶が多いです。

母が亡くなった葬儀の時は、泣いてばかりの私に「最後ぐらい我慢しろ。お母さんが心配で休めないぞ。これからは2人で頑張ろう」と涙をため、手を強く握りながらいっていたのをいまでも強く覚えています。

2人で生活を始めてからは、家に帰れないような忙しさの中でも「人気商売だからここで頑張らないと」と台本を片手に家を出ていく姿は本当にカッコよかったです。

当時、まだ二十歳ぐらいだったにも関わらず、兄は私に父のように、母のように厳しく、優しく接してくれました。

そのおかげで私は進んでこれたのだと思います。

兄が当たり前のように自分の青春に変えてまで、弟の私を育ててくれたことに感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました。

これからもお身体に気を付けて頑張ってください。

弟より

A-Studio ーより引用

俳優として多忙な日々を送りながらも、父・母のように弟を育てた成宮寛貴さん。活躍の裏にはこんな苦労があったのですね。

成宮寛貴が芸能界を引退 その理由とは?

2016年12月2日発売の週刊誌で、違法薬物・コカインを使用したとの疑惑が報じられた成宮寛貴さん。

報道に対し、成宮寛貴さんは所属事務所を通じて、薬物の使用を強く否定しました。

事実無根の記事に対して、非常に憤りを感じます。

私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません。

ファンの皆様、関係者の皆様には、多大なるご心配・ご迷惑をおかけ致しましたことを心よりお詫び申し上げます。

産経ニュース ーより引用

所属事務所も「記事は、事実無根です。断固として抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的措置をとって参る所存です」と否定。

しかし、同年9日発売の週刊誌で薬物使用疑惑についての続報が報じられ、成宮寛貴さんは同日に所属事務所を通じて、芸能界から引退することを直筆のコメントで発表しました。

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。

この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。

今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛ける訳にはいかない。少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。

元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様本当にありがとうございました。応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく自分を許してください。

本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

産経ニュース ーより引用

ネット上では、成宮寛貴さんの芸能界引退を悲しむ声が多く上がりました。

・引退してほしくない。『ごくせん』の時から好きだったから残念…。

・残念としかいいようがない。

・俳優としても、成宮寛貴という個人としても好きだったから、とてもさみしい。

成宮寛貴の現在・これからは

引退からおよそ2年経ったいまも、成宮寛貴さんは芸能界に復帰はしていませんが、Instagramを頻繁に更新しており、元気な姿を見ることができます。

また、一部では成宮寛貴さんの芸能界復帰がまことしやかにささやかれています。

「近いうちに告白本が出版される」「ある特番から出演オファーがかかっている」などウワサがありますが、真実は明らかにされていません。

現在もやまない、成宮寛貴さんの復帰を願う声。その迫力ある演技を、またTVで見られる日が来ることを期待したいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
A-Studio産経ニュースhiroshige_narimiya

Share Tweet LINE コメント

page
top