grape [グレイプ]

母親「今日はお友達と遊べた?」 1人でいるのが好きな女の子は、無理を続けて…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

息子さんと娘さんのエッセイ漫画を描いている、母親のひろ(hiro.00316)さん。

ひろさんの子どもたちのエピソードは、見る人の心を揺さぶります。

今回は、ひろさんの『もう1人の娘』のエピソード。

本人から次のように頼まれて、ひろさんは漫画化を引き受けたそうです。

主人公の女の子は
もう成人していて
今、自分の気持ちを
上手く伝えられず
悲しい思いをしている子供達や

そんな我が子のことを
心配しているママに
自分の体験談を読んでもらって
少しでも気持ちが楽になればと
投稿の依頼を受けました。

hiro.00316 ーより引用

同じような悩みを抱えた人たちの助けになればと思い、『もう1人の娘』は「自分の体験を公開してほしい」とひろさんに頼んだのです。

『ある女の子のはなし』

当時、女の子は内向的な性格で、幼稚園のころから生きづらさを感じていたとのこと。

幼稚園の教員や母親は、女の子がほかの友達と遊ばないことを心配していました。

母親を悲しませたくなかった女の子は、「遊んだ」と嘘をつくことはやめました。

自分の本心を偽って、友達と無理にでも遊ぶことに…。

女の子にとって、学校は楽しい場所ではありませんでした。

「友達と遊ぶことを強制されている」と感じ、いつしか女の子は疲れ切ってしまいます。

無理に友達と遊ぶのをやめた結果、女の子を待っていたのはさらなる地獄の日々でした。

始まるいじめ

出典
hiro.00316

Share Tweet LINE コメント

page
top