grape [グレイプ]

池脇千鶴が今もかわいい! 激太りの真相、結婚の予定が気になる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

昔の清純派というイメージから、がらりと変わって現在は実力派女優として活躍している池脇千鶴さん。事務所は意外にも多くの芸人を輩出するよしもとクリエイティブ・エージェンシーで、俳優部だそうです。

端正な容姿と演技に対するひたむきな姿勢、高い演技力で男女問わず多くの人から支持されています。

そんな池脇千鶴さんの恋愛観、性格、今後の活躍といったさまざまな情報をご紹介します!

池脇千鶴ってどんな人?

まずは池脇千鶴さんのプロフィールをチェックしていきましょう!

生年月日:1981年11月21日

出身地:大阪府

血液型:O型

身長:155cm

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

池脇千鶴さんは、ドラマや映画を見ていた家族の影響で俳優を目指すようになりました。「ブラウン管に入ったらもっと楽しいだろうな」と思っていたそうです。

1997年に、バラエティ番組『ASAYAN』(テレビ東京系)内で行われたオーディションでデビューしました。「東京は危ない」と、オーディション当日の朝まで反対していた両親を、友達の母親が説得してくれたことで夢が叶いました。

オーディションを突破し、15歳で『第8代リハウスガール』に選ばれた池脇千鶴さんは、三井不動産のCMに出演。新鮮な演技を見せています。

続く1998年には、大河ドラマ『徳川慶喜』(NHK)を始めとして、ドラマ『木綿のハンカチ2』(NHK)など多くのドラマに出演。1999年には、映画『大阪物語』の主役で銀幕デビューを果たします。

池脇千鶴 1998年

若いながらも経験を積んだ池脇千鶴さんは、朝の連続テレビ小説のヒロインに抜擢されました。演じたのは、2001年のドラマ『ほんまもん』の主人公、『山中木葉』役。

『ほんまもん』の初回視聴率23%というNHK連続テレビ小説における記録は、その後17年間、2018年開始の連続テレビ小説『まんぷく』まで破られることはありませんでした。

2002年は異色の活躍を見せました。スタジオジブリのアニメ映画『猫の恩返し』で池脇千鶴さんは主役・ハルの声を演じたのです。

池脇千鶴さんの名声を高めた作品としては2003年の映画『ジョゼと虎と魚たち』があります。この作品で汚れ役に挑戦し、池脇千鶴さんの代表作の1つとなりました。

その後も映画やドラマに引っ張りだこ。2014年の映画『そこのみにて光輝く』では俳優の綾野剛さんと共演しています。

池脇千鶴出演 『そこのみにて光輝く』 予告編

『池脇千鶴』の出演作品を探す

池脇千鶴の元彼は?

池脇千鶴さんは、かつて俳優の新井浩文さんと交際していたと報道されたことがあります。ただし、新井浩文さんの発言によると2010年には別れてしまっているそう。

そもそも池脇千鶴さんは、恋愛よりも優先して俳優という仕事にひたすら打ち込んでいます。2018年9月14日に出演した情報番組『あさイチ』(NHK)でも、池脇千鶴さんは次のように発言していました。

こういう仕事って、なんていうかな、プライベートを巻き込んでやってるというか、役になりきるというか、(中略)。それで多分すごくそれ集中しちゃうというか、自分の人生のすべて。

NHKあさイチ ーより引用

番組にVTRで出演した、池脇千鶴さんの飲み仲間である俳優・石倉三郎さんによると、池脇千鶴さんは1人屋台で飲むのが好きだそうです。石倉三郎さんは、次のようにコメントしていました。

あの子関西だし、気取ることはできないし、その辺が楽。

NHKあさイチ ーより引用

石倉三郎さんは、「あと2、30年若かったら、また違った展開になってたかもしれない」と、笑いを誘っていました。

出演した『あさイチ』公式インスタグラムでは、MCである博多大吉さん・博多華丸さんと池脇千鶴さんとの写真が投稿されています。

※投稿の写真右側にある矢印をクリックすると2枚目の写真も見ることができます。

池脇千鶴さんは、いまのところ仕事に夢中で、結婚は考えていないようです。

池脇千鶴、役作りで激太り! 性格は『ほんまもん』の俳優

池脇千鶴さんが俳優を志したのは、家庭環境にあるそうです。小さいころから両親や兄が映画やドラマを多く見ていて、池脇千鶴さんも自然に映像に親しんでいくようになりました。

ひときわ印象に残る映画として、池脇千鶴さんが挙げたタイトルは1986年公開の『あ・うん』。両親に連れられて見に行ったそうですが、涙が止まらないので両親に見つからないよう、前の席に行って号泣したといいます。

成長して芸能界にデビューし、10代ですでに「俳優に就職するから」といい切った池脇千鶴さん。俳優という仕事に打ち込む姿は、2015年公開の映画『きみはいい子』での役作りで分かります。

2児の母を演じることになった池脇千鶴さんに、プロデューサーがいったことが「太ってくれ」という頼み。池脇千鶴さんはのちに「いうのは簡単だけど…」と笑っていました。

違う仕事も抱えていたので、『きみはいい子』以外では衣装でごまかしつつ、体重を増やしたそうです。

俳優にとって「太る」というのはマイナスイメージのはずですが、池脇千鶴さんは役のために頑張りました。のちに体形はもどっており、俳優として意識の高さが分かります。

池脇千鶴出演 映画『きみはいい子』予告編

『きみはいい子』で池脇千鶴さんの夫役は、俳優・高橋和也さん。池脇千鶴さんと高橋和也さんは、以前に共演した『そこのみにて光り輝く』で、愛憎劇を演じました。2作を見ると、池脇千鶴さんと高橋和也さんの正反対の役柄を楽しむことができます。

池脇千鶴の現在・これから

池脇千鶴さんは、2018年9月に公開された映画『きらきら眼鏡』の主演を務めています。

「きらきら眼鏡」予告編 池脇千鶴主演

同年10月には、『第31回東京国際映画祭』のレッドカーペットイベントで、あでやかな姿を見せました。

続いて12月には、大阪城で行われる体験型イベント『SAKUYA LUMINA(サクヤルミナ)』の体験型内覧会に出席しています。池脇千鶴さんはイベント内の重要キャラクター、アキヨの声も担当していました。

「仕事の掛け持ちはしない」という主義の池脇千鶴さんですが、2019年にはすでに映画『半世界』の出演が決定しています。

池脇千鶴出演 『半世界』本予告

磨かれた演技力と、まっすぐな演劇ヘの情熱をもった池脇千鶴さん。彼女の人気はこれからもうなぎ登りでしょう。池脇千鶴さんの今後から目が離せません!

『池脇千鶴』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
女優・池脇千鶴オフィシャルサイト映画『そこのみにて光輝く』予告編NHKあさイチnhk_asaichi映画『きみはいい子』予告編「きらきら眼鏡」予告編『半世界』本予告 2月15日(金)公開

Share Tweet LINE コメント

page
top