grape [グレイプ] entertainment

岡村孝子、急性白血病を公表 「皆様の前に、必ず元気な姿で戻って参ります」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年4月22日、シンガーソングライターの岡村孝子さんが急性白血病と診断されたことが明らかになりました。

岡村さんの公式ウェブサイトでは、スタッフからこのようにコメントを発表されています。

本日は、皆様に大切なご報告があります。

岡村孝子は先日行なった検査の際、「急性白血病」と診断され、急遽、長期の治療に入ることになりました。

6年振りとなるオリジナル・アルバムのリリース、コンサートの開催を目前に控える中、アルバム、コンサートを楽しみにお待ちいただいている皆様、 また関係者の皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけ致しまして誠に申し訳ございません。

岡村孝子はまた皆様の前に必ず元気な姿で戻って参りますので、どうか温かく見守っていただけますようお願い申し上げます。

岡村孝子オフィシャルサイト ーより引用

これに伴い、同年6~7月に公演予定だったコンサートツアー『T’s GARDEN』は急きょ中止に。

公演中止に伴うチケット払い戻し方法については、近日中にウェブサイトで案内を行うとのことです。

また、同年5月22日に発売予定のニューアルバム『fierte』は、予定通りリリースされます。

ネット上では多くの人から「早く治りますように」「岡村さんの歌、大好きです」といった声が相次いでいます。

1982年に加藤晴子さんと現役女子大生ユニット『あみん』としてデビューした、岡村さん。

代表曲の『待つわ』は同年のオリコン年間ヒットチャートで1位に輝き、第33回NHK紅白歌合戦でも披露されました。


[文・構成/grape編集部]

出典
岡村孝子オフィシャルサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top