grape [グレイプ]

映画『ボディーガード』から27年 ケヴィン・コスナーの暴露に動揺広がる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

1992年に公開され、大ヒットしたロマンティック・サスペンス映画『ボディーガード』。

同作品のポスターは、たとえ映画の内容自体は知らなくとも、一度は見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。

ケヴィン・コスナー演じるボディーガードのフランクが、ホイットニー・ヒューストン演じる大スターのレイチェルを、抱えあげた姿を写したこちらの1枚。

ナイトクラブで暴徒化した観客からレイチェルを救い出すシーンで撮影されたものでした。

ポスターを見た誰もが、ケヴィン・コスナーの腕に抱かれているのは、ホイットニー・ヒューストンだと思っていたはずです。

…しかし!!

ポスターに隠された秘密をケヴィン・コスナー自身が明かし、その内容に往年のファンからは驚きの声が上がっています。

実は、写っているのはホイットニー本人ではないんだ。この時、彼女はすでに家に帰っていて、写っているのは彼女の替え玉なんだよ。

Entertainment Weekly ーより引用(和訳)

雑誌『エンターテイメント・ウィークリー』の取材で、撮影秘話を明かしたケヴィン・コスナー。

ケヴィン・コスナーの肩に顔をうずめているため、ホイットニー・ヒューストン本人かどうかは分かりません。

何より、このシーンで大切だったのは、怯えたレイチェルの姿。当初、邪険にしていたはずのフランクにレイチェルが身も心も委ねる姿は、見る人の感情に訴えかける力がありました。

それはケヴィン・コスナー自身も感じていたことで、撮影された1枚を見て直感的に「これがポスターだ」と、すぐに配給会社であるワーナーブラザーズに送ったのだといいます。

【ネットの声】

・素敵な作品だっただけに、あれはホイットニー・ヒューストン本人だったと思いたい。

・いまのいままで、ホイットニー・ヒューストン本人だったと信じていたよ。

・ホイットニー・ヒューストンはどう思っているかは分からないけれど、ケヴィン・コスナーの直感は正解だったといえる。

公開から約27年越しに明かされた、ポスターに隠された秘密。どんな経緯があったにせよ、アイコニックな映画ポスターとして、今後も多くの人の心に残り続けることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Entertainment Weekly

Share Tweet LINE コメント

page
top