grape [グレイプ]

医師の診断に絶句 『生理痛』を耐えていた女性が伝えたいこと

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

生理痛に苦しめられている女性は大勢います。

「みんなも耐えているから、このくらいの痛みは普通のことなのだろう」と思ってしまいがちですが、生理痛は病気のサインであることも。

もめん(momentokinusan)さんも、中学生の時から生理痛に悩まされていた1人です。

痛みに耐え続けた結果、数多くの悲しい体験をすることになった彼女が、いま伝えたいこととは…。

もめんさんは、子宮内膜の組織が子宮以外の場所で増殖する『子宮内膜症』と、良性の腫ようである『子宮筋腫』を患っていました。

また、もめんさんの場合は子宮内膜の組織が卵巣へ移動した結果、古い血が溜まって『チョコレートのう胞』と呼ばれる状態になっていたのです。

医師からは、「治療をしても妊娠は難しい」と診断されてしまいました。

その後、自身の身体のことでさまざまな悲しい体験をした、もめんさん。彼女は、自身の体験を通して次のようなメッセージを送っています。

いま、「生理痛がきついな、お腹・頭などが痛いな」と思う人は、なるべく早く婦人科に行ってください。

病院へ行けば、生理痛に隠れた病を発見できるだけでなく、生理の諸症状に合った薬の処方もしてもらえることでしょう。

多くの人が自分の身体を大切にできるよう、もめんさんは祈っています。


[文・構成/grape編集部]

出典
momentokinusan

Share Tweet LINE コメント

page
top