grape [グレイプ]

手塚とおるの高校時代が「ヤバイ…」と話題に 俳優として人気の理由は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として活躍している手塚とおる(てづかとおる)さん。

個性派俳優として多くのドラマや映画で存在感を発揮し、いまや名バイプレイヤーの1人に数えられています。

そんな手塚とおるさんの活躍や驚きの素顔など、さまざまな情報をご紹介します!

手塚とおる出演のドラマは? 主演作も

手塚とおるさんはこれまで、数多くの作品に出演しています。

特に注目されたのが、2013年の大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)です。

手塚とおるさんが演じたのは古里則夫というイヤミな銀行員。1話だけの出演でしたが、その存在感で多くの人の印象に残り、手塚とおるさんがTVで活躍する足がかりとなりました。

以降、2014年のドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)や『HERO』(フジテレビ系)、2016年のドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)といった話題作に出演。

同年にはドラマ『太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~』(テレビ東京系)で初の主役を演じ、「52歳で初主演」と話題になりました。

『太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~』Blu-ray & DVD PR映像

それからも手塚とおるさんの出演は途切れることがなく、現在はドラマや映画に引っ張りだこの人気俳優になっています。

手塚とおるは『スカッとジャパン』でも活躍!

手塚とおるさんの演技は、バラエティ番組『スカッとジャパン』(フジテレビ系)でも見られました。

演じたのは『ドケチなパパ』役。手塚とおるさんの怪演をご覧ください。

放送以前から同番組に「出演してほしい」と思っていたファンは多く、要望に応える形のキャスティングに「待ってました!」「見ました。最高です!」といった声が寄せられています。

手塚とおるってどんな人? 若い頃の話がやばい

2015年12月3日放送のバラエティ番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、手塚とおるさんが出演。

素顔がうかがえる驚きのエピソードを明かし、視聴者やファンのド肝を抜きました。

手塚とおるさんは高校時代、学校ではなんと「筆談で過ごしていた」といいます。

家族とは話すものの、同級生や教師とはひと言もしゃべらなかったそうで、どうしても会話をしなければならない場合は「はい」「いいえ」と返事を書いた紙を渡していたとのこと。

周囲の人から「どうしてしゃべらないの?」と聞かれても、無視し続けたのだとか。

なぜ、そんなことをしたかについて、手塚とおるさんはこのように説明しました。

小学校の変声期を迎えるころに、僕、声高かったんですよ、昔。

それをちょっと笑われた記憶があって「あ、僕、声ヘンなんだ」っていう意識が強くなって、高校に入った途端、なんかもうしゃべるのやめようと思って。

アウト×デラックス ーより引用

その後も、手塚とおるさんのちょっぴりクセのある性格がうかがえるエピソードが語られます。

手塚とおるさんは長らく舞台を中心に活動し、TVで活躍し始めたのは『半沢直樹』が放送された2013年です。

舞台とドラマとの違いに戸惑うことも多かったといい、驚きの本音を語りました。

いまだに僕の中で、舞台の演技とTVドラマというものの、感覚がちょっと分からなくて。

僕の気持ちもよく分からないのに『役の気持ち』とかいわれても、よく分からないなと思って。

まったく分からないです。僕しか知らないし、人のことなんか分からないので…。

人の気持ちが分かったら、まず戦争起きないじゃないですか。

恋愛も100%うまくいくし。気持ちが分からないから人ってコミュニケートとっていくので、「気持ちが分からない」という前提に立ってないと。

結局、役っていったって、役自体ただ(脚本に)書いてあることですから。

アウト×デラックス ーより引用

役になり切らなければならない俳優にも関わらず、「役の気持ちなんか分からない」と断言した手塚とおるさん。

どうしても分からない時は演出家のもとに台本を持っていき、「どんな気持ちですか?」と質問することもあるのだとか。

続いて、セリフを忘れてしまった時の対処法の話に。

手塚とおるさんはセリフを忘れてしまうことがたびたびあり、そんな時は「黙っている」といいます。

それによって周囲の人があせって何かを話し出し、自分が答えることによって場をつなぐのだそう。

この話を聞いていた共演者の坂上忍さんは、手塚とおるさんのスタイルが「自分に似ている」という一方で、「役者としてはクソ野郎」といった痛烈なコメントもしていました。

手塚とおるの現在・これからは

手塚とおるさんは2019年7月から放送されているドラマ『Iターン』(テレビ東京系)で、瀬戸川達郎役を担当しています。

また、同時期にスタートしたドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)にも出演中です。

作品に出演するたびに、人気に拍車がかかる手塚とおるさん。さらなる活躍が楽しみですね!

手塚とおる プロフィール

生年月日:1962年6月27日

出身地:北海道

血液型:B型

身長:175cm

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

1983年の蜷川幸雄の舞台『黒いチューリップ』でデビュー。長らく舞台俳優として活動し、数多くの作品に出演した。次第に映像の世界にも進出し、2013年放送の『半沢直樹』に出演したことで注目を集める。以降、『ルーズヴェルト・ゲーム』や『HERO』といった話題作に出演し、俳優としての地位を確立。世間的に広く知られるバイプレイヤーの1人となっている。


[文・構成/grape編集部]

出典
トライストーン・エンタテイメント「太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~」Blu-ray & DVDで登場!@sukatto_japanアウト×デラックスvoice.ntv

Share Tweet LINE コメント

page
top