grape [グレイプ]

渡辺篤史の『建もの探訪』が大人気! 長年続く長寿番組として話題に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

渡辺篤史

俳優として芸能界デビューをし、現在は住宅情報番組『渡辺篤史の建もの探訪』(テレビ朝日系)のリポーターとしても活躍中の渡辺篤史(わたなべあつし)さん。

数多くの建物を紹介する渡辺篤史さんの軽快な語り口が、お茶の間での人気を獲得しています。

そんな渡辺篤史さんの活動とエピソードなど、さまざまな情報をご紹介します!

渡辺篤史の本業は?

渡辺篤史さんは、現在は住宅情報番組『渡辺篤史の建もの探訪』のホスト役として活躍していますが、本業は数多くのドラマ・舞台に出演する俳優。

1960年にテレビドラマ『にあんちゃん』(フジテレビ系)で俳優デビューを果たしています。

2002年に公開された日中合作映画『王様の漢方』では主演を務め、俳優としての確かな実力を示しました。

しかし、俳優のみならずナレーターなど多彩な仕事をこなす部分も、渡辺篤史さんの魅力の1つといえるでしょう。

渡辺篤史が出演するテレビ朝日『渡辺篤史の建もの探訪』が現在も大人気!

渡辺篤史さんの代表作ともいえる住宅情報番組『渡辺篤史の建もの探訪』(BS朝日)が大人気。1989年4月1日から始まった同番組は、2019年4月に番組開始30周年を迎え、年号をまたいだ長寿番組となっています。

『渡辺篤史の建もの探訪』オフィシャルサイトよりスクリーンショット

出典:『渡辺篤史の建もの探訪』 よりスクリーンショット

これまでに探訪した家は1500軒以上、取材した家族は6000人にのぼり、毎回リハーサルや下見などを一切せず、一発勝負で事前の顔合わせなどもしない番組スタイルをつらぬいています。

実は、当初は計13回で終了予定だったという『渡辺篤史の建もの探訪』。しかし、評判を呼び現在も続く長寿番組となりました。

そのほか、渡辺篤史さんが家中のドアを開けまくる点も人気の理由です。

トイレからお風呂、キッチンの収納までをどんどんオープン。時には、リビングの椅子に座り住民以上にくつろぐ姿を見せたり、浴室に置いて空のバスタブに入ったりすることもあります。

この行動こそが、細部まで建築家がこだわった設計を知ることにつながり、昨今の建築ブームのアシストしているのだとか。

カメラに映らない空気感、手触りなどの空白を、渡辺篤史さんのアドリブの言葉で埋めていく自然さなど、さまざまな点に工夫が散りばめられている番組といえるでしょう。

『渡辺篤史の建もの探訪』のテーマ曲は小田和正が歌っている!?

1989年から放送がスタートし、現在も放送が続いている『渡辺篤史の建もの探訪』で、番組開始初期からオープニングを飾ってきた曲が、小田和正(おだかずまさ)さんの『BETWEEN THE WORD & THE HEART -言葉と心-』です。

between the word & the heart-言葉と心-

between the word & the heart-言葉と心-

250円(12/06 14:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

実は小田和正さん自身、東北大学、早稲田大学大学院で建築を専攻しており、修士論文のタイトルは『建築への訣別』だったとのこと。

そんな建築にゆかりのある男性歌手の曲が今まで使われ続けていることも運命といえるでしょう。

映像以外の空間情報を独自の視点で伝える渡辺篤史さんと、世界観を音楽で引き立たせる小田和正さんの工夫も随所に感じます。

小田和正さんと渡辺篤史さんは同い年ということもあり、数々の共通点があるのです。番組内容だけでなく使われているテーマソングにも明確なコンセプトが感じられることも、今まで長く人々に愛されてきた所以でしょう。

渡辺篤史は大分の工務店で建築家とのトークショーを開催

渡辺篤史さんは2019年3月21日に『ホルトホール大分』で、建築家とのトークショーを開催しました。

トークショーは、実際に『渡辺篤史の建もの探訪』で放送された30邸のパネル展示や、建築家セミナーなども開催された盛りだくさんな内容。

マイホーム購入を願う人たちが後悔しない住宅作りを叶えるため、理想の建築家と結びつける場としても大きな意味を持ったイベントです。

渡辺篤史さんのスペシャルトークショーを聞いた後に、実際に番組で取り上げられた建築家に相談する機会も設けており、住宅業界に対する貢献度の高さを感じますね。

渡辺篤史の音声ナレーションが銀座で聴ける!?

銀座にある『Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)』では、2020年秋までの期間限定で、実験的な公園として、年間を通して驚きや感動、遊び心を感じられるような様々な体験を提供しています。

その一環として、2019年4月1日から渡辺篤史さんをナビゲーターとした音声ガイド『Park Audio Guide』を開始しています。

これは地上から地下4階まで、ソニービル時代の面影も残る園内を巡りながら、『Ginza Sony Park』の見所を渡辺篤史さんの心地よい声と分かりやすい解説で案内を受けられるというもの。

銀座の街を深く知るためのきっかけとなり、魅力的な東京観光にするためにもおすすめのプログラムといえるでしょう。

渡辺篤史の現在・これから

渡辺篤史さんは、現在も『渡辺篤史の建もの探訪』に現役で出演し続けています。30年もの間、放送が続いている長寿番組であり、今後紹介される住宅からも目が離せません。

俳優としてスタートしたキャリアから、現在は住宅に携わる活動をしている渡辺篤史さんの今後の活躍に期待したいですね。

渡辺篤史 プロフィール

生年月日:1947年11月28日
出身地:茨城県下妻市
血液型:AB型
身長:不明
所属事務所:アイティ企画

ドラマ『にあんちゃん』(NHK)で俳優デビュー。その後も、ドラマ『マー姉ちゃん』(NHK)、ドラマ『俺たちは天使だ!』(日本テレビ系)に出演。映画でも『ビルマの竪琴』のほか、数多くの作品に出演する現在は、住宅情報番組『渡辺篤史の建もの探訪』(テレビ朝日系)にリポーターとして出演し、人気番組となっている。リポーター・俳優の他、大学の客員教授を務めるなど、マルチに活躍の場を広げているベテラン俳優。


[文・構成/grape編集部]

出典
アイティ企画渡辺篤史の建もの探訪

Share Tweet LINE コメント

page
top