grape [グレイプ]

大相撲春場所は前代未聞の無観客 静寂の中での名勝負

By - 押阪 忍  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

大相撲無観客春場所

縁あって私は 学生時代、大相撲の出羽海部屋と出羽海親方のご邸宅に 居候いそうろうをしていた年がありました。この縁については、またいつか…。

局アナになってからも、この体験を買われ、大相撲担当アナを務めました。そんな相撲ファンですから、前代未聞の無観客となった大阪場所も テレビ桟敷でしっかり観戦を致しました。

荒れる春場所といわれ、初日から満員御礼の垂幕たれまくが下がり、大歓声に湧く大阪場所ですが、今場所は人っ子1人いない無観客場所です。

館内は し~んと静まり返り、呼び出しと行司の声だけがハッキリ聴こえます。土俵上の力士が締め込み(回し)を叩く音や ふぅ~っと吐く息も しっかり聴こえます。将豊竜の弓取式の弓のしなる音が びゅんびゅん響きます。静寂の中での春場所。

これは好取組でした。優勝にからんでいる碧山と炎鵬との対戦。191センチ193キロの超弩級ちょうどきゅうの碧山と 168センチ99キロの小兵の炎鵬が 土俵に上がっただけでその対比に大歓声が響く所ですが、無人の館内は物の音1つ聴こえず、静寂の中でこの勝負は いとも簡単に終わりました。

大入り満員の中でこの取組が行われれば、名勝負になったかも…と思ったことでした。お客様の歓声、応援の声が名勝負を生む、と言われていますから…。

無観客大相撲春場所、幸い力士にコロナウイルスの感染もなく、各力士は集中力を切らさず立派に15日間の土俵を務めたと思っております。侘しさも感じる場所ではありましたが、千秋楽は白鵬、鶴竜の横綱対決で土俵を盛り上げ、白鵬が44回目の優勝を飾りました。

そして人気の関脇朝乃山が 大関を射止めた大阪場所でもありました。懸賞金は4割減、視聴率の下がった無観客場所ではありましたが、相撲ファンにとっては 開催できてよかったと思っております。何といっても大相撲は、日本の『国技』なのですから…。

<2020年4月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。東京オリンピックでは、金メダルの女子バレーボール、東洋の魔女の実況を担当。1965年には民放TV初のフリーアナウンサーとなる。以降TVやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典、東京都庁落成式典等の総合司会も行う。2019年現在、アナウンサー生活61年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

Share Tweet LINE コメント

page
top