grape [グレイプ] society

客がエスカレーターからカートをわざと落下 イオンの謝罪に「謝る必要はない」「むしろ被害者」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

品物のアイスが入った冷蔵庫に入り込んだり、飲食店の従業員が客に出す食べ物を粗末に扱ったりと、これまで若者によるいろいろな行為が『炎上』してきました。

彼らは悪行を写真や動画で撮影し、自らネットに公開。その投稿がネットで拡散され、取り返しのつかない状況に発展するのです。

わざわざ自分の悪行をネットに公開する意図は分かりませんが、そういった行為を悪いことだと認識していないのかもしれません。

客の炎上動画を受け、イオンが謝罪

2021年1月、東京都板橋区にあるイオン板橋ショッピングセンターで撮影された1本の動画が、動画投稿アプリ『TikTok』に投稿されました。

映っていたのは、10代と見られる男性グループが下りのエスカレーターの乗り口から、店内用のショッピングカートをわざと落とす姿。

エスカレーターに何人もの人が乗っていることを知りながら、男性たちは笑い声を上げてショッピングカートを落下させたのです。

幸いほかの客は急いでエスカレーターから降りたため、ケガ人はいませんでしたが、最悪の場合は命を落とす人がいた可能性もあったでしょう。

今回の件を受け同年2月11日、イオン株式会社はウェブサイトに謝罪文を掲載。

多くの利用者に向けて、「エスカレーターでの危険行為におけるお詫びと対応について」という題で、このように言葉をつづりました。

平素はイオングループ各店舗をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

2021年2月9日、複数のSNSサイトにおいて、店舗内のエスカレーターで故意に買物カートを落とす危険行為の動画が拡散され、多くの問い合わせがございました。

本件は2021年1月6日、「イオン板橋ショッピングセンター」(東京都板橋区)において発生した事案であり、該当店舗においては発生直後から、店舗従業員による店内の巡回頻度を高め、その後、警察に相談・協力要請し巡回もいただいております。

安全・安心であるべきショッピングセンターにおいて、このような事案を発生させてしまったことについて、近隣にお住いの方、およびイオンの店舗をご利用いただいているお客さま、並びに今回お申し出をいただいたお客さまには、深くお詫び申し上げます。

本件が極めて悪質な行為であることから、警察への被害届の提出など関係当局の捜査に全面的に協力してまいります。

また、エスカレーターを備える全店においても従業員による巡回や安全カメラによる見守りなど適切な対策を強化し、お客さまにより一層安心してお買物いただける環境づくりに努めてまいります。

店を利用する人たちに向けて、謝罪の言葉を述べたイオン。今後はさらなる巡回の強化を行うことを明かしました。

謝罪文が公開されると、ネットからはイオンを擁護する声が続出。「イオン側も被害者であり、悪いのは男性グループだ」という主張が相次いでいます。

・こんなの店も防ぎようがない。ショッピングカートをエスカレーターのてっぺんからわざと落とすなんて、普通は思いつかないよ。

・イオンが謝ってはいけない。悪いのは全面的に男性グループであり、謝ると彼らを調子に乗らせてしまう。

・警備や巡回を増やしたとしても、防ぐのは無理でしょう…。男性グループは早く捕まってほしい。

元の動画にははっきりと男性グループの姿が映っている上に、自らのアカウントで動画を投稿しているため、警察の調査によって近いうちに身元は判明することでしょう。

こういった炎上案件は残念なことに後を絶ちません。本人にとっては『ちょっとした悪ふざけ』なのかもしれませんが、自分の人生を一瞬で狂わせてしまうことを考えてほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
客の危険行為「深くおわび」 イオンが「カート落下」で

Share Tweet LINE コメント

page
top