grape [グレイプ]

新聞

新聞のラテ欄に、『嵐』ファンから「泣いた」の声 冠番組を「縦読み」すると…?

エンタメBy - grape編集部

世間に衝撃を与えた、アイドルグループ『嵐』の活動休止発表。 2019年1月27日に行われた会見で、2020年12月31日をもって活動を休止することが明かされました。 突然の発表に、ファンだけでなく多くの人から「ショックす…

多くの人が亡くなった阪神・淡路大震災 24年目、神戸新聞が掲載したものに称賛の声

エンタメBy - grape編集部

6千434人が亡くなった阪神・淡路大震災から、ちょうど24年を迎えた2019年1月17日。 各地で鎮魂の祈りが捧げられる中、神戸新聞は24年間の想いを込め、朝刊別刷に「1枚の新聞紙面で24羽の連なった折り鶴」が折れる『二…

「嘘つきは戦争の始まり」宝島社の企業広告に「攻めすぎ」の声 その意図に考えさせられる

社会By - grape編集部

「死ぬときぐらい好きにさせてよ」「ヒトは、本を読まねばサルである」といった、インパクトのあるキャッチコピーを発信する株式会社宝島社。 1998年から続く宝島社の企業広告は、「商品では伝えきれない『企業として社会に伝えたい…

深夜に働く新聞配達員、チラシを入れようと新聞を開くと?「びっくり」「元気出た」

ライフスタイルBy - grape編集部

ん?これは一体…。 新聞社さん、間違えてるよ! なんか違和感を感じると思ったら? 今年10月21日に届けられた、新聞の朝刊。一面を見て、ある『異変』に気付いた人も多いのではないでしょうか。 あれ!?広告の向きがおかしい……

3月11日の新聞、テレビ欄の『縦読み』に心打たれる 「泣いた」「粋だなあ」

ストーリーBy - grape編集部

2011年3月11日発生した東日本大震災により、東北地方を中心として多くの人が甚大な被害を受けました。 日本周辺における観測史上最大の地震や津波によって家屋は倒壊し、多数の死傷者や行方不明者を出しました。 日本にとって忘…

母親「こんなクズ産むんじゃなかった」新聞の投書への回答が秀逸

ライフスタイルBy - grape編集部

読売新聞の「人生案内」に投書された質問に対する、専門家の回答はたびたび話題にのぼります。2016年5月19日に発行された号は、「こんなクズ、産むんじゃなかった」という母親の強烈な言葉が多くの人々の心に突き刺さり、注目を集…

『一年戦争 終結へ』ガンダムの世界をリアルに「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」刊行!

エンタメBy - grape編集部

2015年8月6日より、「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」が販売されることが発表されました。一面の見出しに踊るのは「ア・バオア・クー陥落」「一年戦争 終結へ」 本物の新聞と同じ体裁で、初代ガンダムの世界に新聞があったら…と…

赤ん坊連れの母親を気遣う文章に感動!作家・前田司郎さんのコラムが素敵だと話題

ライフスタイルBy - grape編集部

俳優で作家の前田司郎さんが、飛行機で子連れのお母さんに遭遇。その時に思ったことをコラムとして3月5日の東京新聞朝刊に寄稿しているのですが、それが大変素晴らしいと話題になっています。 東京新聞の前田さん、いいこと言うわー。…

テレビ欄を縦読みすると? 113人を亡くした中国新聞のメッセージに感動【広島原爆の日】

ストーリーBy - grape編集部

2014年8月6日、中国新聞のテレビ欄を見て、感動した人がTwitterで発信した画像。横書きの文字を、縦に読むと…!その内容に、「感動した」「素敵」「すごい、中国新聞やるね!」というコメントがネットにあふれています。 …

page
top