医師に『一生歩けない』宣告された武井壮 復活したその方法に驚愕

「百獣の王」武井壮さん。タレント業のかたわら、世界マスターズ陸上競技選手権リレーで優勝を果たすなど、アスリートとしても活躍されています。

そんな武井さんの、衝撃的なエピソードをご紹介します。

一生歩けない

様々な競技の総合点を競う「十種競技」の選手として活躍していたとき、武井さんは大怪我をして病院に運ばれました。そこで告げられた担当医からの宣告は、

一生歩けません。リハビリしてください

結果は半身不随

そんな絶望的な宣告をされた武井さん。アスリートとしての将来は閉ざされたも同然。自分の身に降りかかった不幸を呪い、ふさぎこんでしまうのか…。

So Takeiさん(@sosotakei)が投稿した写真 -

逆も絶対いけると思って

しかし、武井さんが家に帰ってしたことは骨の図鑑を開くこと

自分が半身不随になることなど、全く頭にない武井さん。その図鑑を見ながら、骨の構造や動きを強く強くイメージし、トレーニングをすること一ヶ月…

なんと、イメージした通りに身体が動くようになり、本当に治ってしまったのです!にわかには信じられない話ですね。

ストレスで胃潰瘍になるくらいだから、逆も絶対いけると思って

そう語る武井さん。

その後、武井さんは十種競技の日本チャンピオンに輝きました。その後もアスリートとして目覚しい活躍をされています。

So Takeiさん(@sosotakei)が投稿した写真 -

信じる力が強ければ

脳科学者の茂木健一郎さんは、このエピソードに関してこう語っています。

19260_03

出典:Joi Ito

脳には自己治癒能力があるんですけど、信じる力が強くないとだめなんですよ。だから本気で(治ると)思ってたのでしょうね。

「百獣の王」の名は伊達ではありませんね。「自分は治る」と信じる力と、武井さんの身体能力が合わさった奇跡。

40歳を超えて今だアスリートとして結果を残す武井さんの力の源は、究極のセルフコントロール力にあるのかもしれませんね。

出典
(C)ORICONsosotakeiJoi Ito

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop