grape [グレイプ] entertainment

武井壮に、人妻から「会いたい」 返信内容に「正論すぎ」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年6月10日、厳しい言葉で不倫に関する持論をTwitter上に投稿した武井壮さん。

投稿は「その通り」「正論」と反響を呼び、32万以上の『いいね』を集めています。

10日の投稿で「不倫をする男性側を擁護するつもりはない」とした上で「妻帯者と知って不倫行為を働いたなら、相手側も加害者」と語った武井さんの元には、既婚者の女性から「会いたい」と求めるメッセージや、実際に不倫を働いている女性から相談の連絡が寄せられるといいます。

そうしたメッセージに対する武井さんの返答はというと…。

相手を軽んじる人だからこそ不倫行為に及ぶのであり、そんな人に「大切にされたい」と望むのはお門違い。

「もう勘弁」という武井さんのひと言からは、強い憤りや呆れ果てた心境が伝わってくるようでもあります。

【ネットの声】

・至極当然のことをいっているのに、なぜか理解できていない人のほうが多い不思議。

・自分のしたことって、いつかまた自分に返ってくると思う。「私だけは特別」とか都合よく考えちゃうんだろうな。

・そもそも自分の妻すら大事にできない男が浮気相手を大事にするはずがない。武井さん、正論しかいわないな。

相手に「自分を大切に扱ってほしい」と望むのは、きっと一般的なことでしょう。

しかし、人の道理に反する行為をしておきながら、相手にそう望むのはあまりにも自分勝手といわざるを得ません。

コメントにもあるように、武井さんの持論は「至極当然」のこと。投稿に寄せられる反響の大きさも、それを物語っています。

武井さんのように考えられる人が増えれば、不必要に傷付く人も減るのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@sosotakei

Share Tweet LINE コメント

page
top