武井壮「警察官の前で殴る覚悟があれば」日馬富士の暴行問題を語る

連日報道されている、元横綱・日馬富士の暴行問題。

日馬富士は『指導』を目的として、貴ノ岩に暴行を加えたとされています。これに対し、タレントの武井壮さんはTwitterでこのように発言。

立場が上の人間が暴力を振るうなんて、野蛮で低俗な行為。
下の者の礼節がなっていないなら、態度と言葉で示して導くから尊敬される。

一部で、日馬富士の行為を「やむを得なかったのでは」と擁護する声が上がったことに、厳しい言葉で反論したのです。

生出演で思いを語る

2017年12月3日放送のTBS『サンデー・ジャポン』に、武井さんが生出演。番組では、大きな反響を呼んだ上記のツイートを取り上げ、武井さん本人にコメントを求めました。

武井さんは「『指導』と『暴力』の境目」について重きをおき、このように語っています。

暴力…よくね、スポーツ界だとかこういう武道の世界とかってあるじゃないですか。たまにね。

いつも思うのは、こういうの『指導』と、『暴力』の境目どこなんだみたいな話になるんですけど、僕は基本は全部ダメだと思ってて、だけど、もしこれをね、「指導だからよし」というんだったら、じゃあそれを、その行為を、親方が見てる前で、もしくは被害者のお父さんお母さんが見てる前で、もしかしたら警察官が間近にいる所で、できるのかって話ですよ。

それだったら手が止まるんだったら、それはダメじゃないですか。

そんなことを、こういう伝統的なものの中だからよしだとか、スポーツ界の先輩後輩の仲だからよしにしてたら、いつかこういうなんかちょっと薄暗い無礼みたいなものが、生まれちゃうから。

サンデー・ジャポン ーより引用

武井さんの考えは、『指導』を目的とした『暴力』を、親や警察官が見ている前で行えないようであれば、「それはダメ」というもの。

スタジオがざわつき、杉村太蔵さんが「じゃあ逆に親の前だったらいいわけ?」と武井さんに問います。

いや、ダメだけど、できんのかってことです。

もしほんとに愛情で指導でっていうんだったら、お父さんがいたって必要だと思ったら、よかぁない、よかないけど、「それでもやる」って愛情があって「捕まってもいい」とか、「引退したっていい」ってやってるんだったらまだしも。

でもそれで手が止まるんだったら、それすらダメじゃないですか。その指導すら。

サンデー・ジャポン ーより引用

「暴力はダメ」と繰り返した上で、こう語った武井さん。

そこに愛情があり、必要だと思えば「仕事を失うかもしれない」「逮捕されるかもしれない」という覚悟を持って『暴力を伴う指導』をすべきという考えなのでしょう。

熱く語る武井さんの言葉に、スタジオの共演者たちは神妙な面持ちでうなずきます。西川史子さんが流れを変えるコメントを挟んだことで、ほかの共演者の意見は語られませんでした。

ネット上では放送後間もなく、武井さんの発言に同意する声が投稿されています。

・こういう人が指導者になってほしい。

・親方の前、親の前、警察官の前で殴れるのか、というのは素晴らしい指摘だ。

・すごくしっくりくる考えかた。

今回の事件に限らず、過去にもさまざまなシーンで持論を述べ、人々の共感を得ている武井さん。

「彼のような人が指導者であってほしい」と、多くの人が望んでいるでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンデー・ジャポン@sosotakei

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop